浅野勝義[一級建築士・宅地建物取引士・2級FP技能士]が30年100件以上のスキルや経験を、住まいの選択でお悩みの方へ、建築や不動産、資金計画など幅広く発信しているblogです。

<ファミリーライブラリーのある家> 第2回上棟

浅野勝義
WRITER
 
nanomachi.co.ltd
この記事を書いている人 - WRITER -
浅野勝義
詳しいプロフィールはこちら

暑い日が連日続きます。
皆さん、身体の体調は大丈夫ですか?

私は夏だと言うのに少しずつ体重が増える傾向が・・・
夏は痩せるというのですが、私はどうも例外の様です。

 

早速ですが、このファミリーライブラリーのある家が上棟を
迎えましたのでその報告とご紹介を致します。

まず、地盤調査から。 3月末に地盤調査を行いました。

やはりと言いますか、建物の各点で立ち会いましたが、結果は
表層から6M近くまで軟弱な層が続いていました。
結果、私は6Mまでの改良杭と決めました。

nanomachi.co.ltd

 

 

6月には地鎮祭を行いました。

その前には施工会社さんと工事契約を済ませ、建築確認を
受けると同時に現場を着工です。

地鎮祭の当日はお天気は雨が降りそうでしたが、
鹿島香取神宮さまのお力か、祈祷中は雨が降らず、祭事が
終わると同時に降り出すという不思議な地鎮祭でした。

nanomachi.co.ltd

 

基礎のベース配筋検査。

ちょうど確認検査機構の検査官が来られていて、話をさせて
頂きながら私も確認をしました。
ベース筋に入れる開口補強用の鉄筋が少し抜けていたようで、
これを入れていただいて終了。

nanomachi.co.ltd

 

次は立ち上がりの鉄筋配筋検査です。

この際の検査項目のほとんどは、各場所における鉄筋のかぶり
寸法が確保されているかの確認です。

 

nanomachi.co.ltd

ベース配筋での検査では分かり難いのですが、立ち上がり部分の
コンクリートを打設すると、結構、組まれている鉄筋は動きます。
これを確認するために、必ず立ち上がりの型枠が出来た際も検査に
伺います。 (ベース時と立ち上がり時の2回)

 

次は建て方になります。

上棟は7月の末の暑い暑い日でした。

前日から組み上げ、当日と2日を掛けて屋根の垂木を流すところまで
すすめたところで夕方に上棟式が始まりました。

式には住まい手さんのご家族全員が出席されて、無事、式を終えることが
出来ました。

全景

nanomachi.co.ltd

1階

nanomachi.co.ltd

 

2階

nanomachi.co.ltd

 

御幣

nanomachi.co.ltd

 

次は外壁下地と金物の取り付けとなります。

 

浅野勝義/奈の町

 

株式会社 奈の町
コンサルティング まだ住宅の選択でお悩みの方はこちら 家を建てるか、中古住宅を買うか、親の敷地に住むなど

コンサルティング 窓口

住宅設計 「建築家 浅野勝義」とつくる、和テイストの家をご検討中の方はこちら

住宅設計 窓口

不動産サービス 家を建てる為の土地や中古住宅購入が不安な方はこちら

不動産サービス 窓口

この記事を書いている人 - WRITER -
浅野勝義
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です