奈良の建築家 浅野勝義の家づくりBLOG

「それぞれの個性を大切にして家族が快適に暮らす家」完成内覧1

 
それぞれの個性を大切にして家族が快適に暮らす家
この記事を書いている人 - WRITER -

それぞれの個性を大切にして家族が快適に暮らす家

stay home のゴールデンウィーク、どの様にお過ごしでしょうか。
私は事務所に籠り切りの毎日です。

毎年、ゴールデンウィークは出歩かなくて、事務所で仕事をすると決めているので
今年も同じく事務所に籠っています。

さて、
ゴールデンウィーク初日に現場へダイニングテーブルが入ってきましたので、
先にこれからご紹介したいと思います。

それぞれの個性を大切にして家族が快適に暮らす家
ダイニングテーブルです

一番最後に入りましたが、テーブル高さと窓台、そしてダイニングベンチの
背もたれ高さは、ピッタリ同じ高さです。

それぞれの個性を大切にして家族が快適に暮らす家
北海道産ヤマザクラ

天板は昨今定番になりつつありますが、北海道産のヤマザクラです。
サイズは、1900×850位だったと。
出来るだけ大きめにお願いしたのでもう一回り大きいかも。

今回も3枚接ぎで出来ています。
1枚が30cmくらいの幅がありますね。

節など全くないとっても美しい天板です。

それぞれの個性を大切にして家族が快適に暮らす家
ダイニングが収まりました

ダイニングテーブルが収まると、落ち着きました。

そうそう、制作したベンチなんですが、今回工務店さんがタモ材の塊を一山
購入して頂けて、ベンチ天板、背もたれ、背もたれ天板を全て無垢の板材で
揃えてくれることになりました。(豪華です!!)

ベンチ天板は厚さ40mm近くある塊りでを使い、小口をハンチ加工して
もらいました。
材料代で言えば、とってももったいない使いっぷり!

そう言えば玄関ベンチもそうだったかな?
次回、確認してみます。

今回購入された塊りのタモ材、結構使っていただきました。
当初からこんな材料を設計で指定していたら、とんでもない単価になってしまいます。

ありがたや・・・

それぞれの個性を大切にして家族が快適に暮らす家
キッチン周りも完了しました

前回、キッチンの前板を取り付けている所でしたが、今回はキッチンと食器収納
の何れも完成し、取り付け済です。
ちなみにタモ無垢の面材と引手はウォルナット加工。

奈の町の住まいは、いつもこの仕様で完成です。

それぞれの個性を大切にして家族が快適に暮らす家
玄関下駄箱収納

玄関前の下駄箱収納です。

一部飾り棚付です。

それぞれの個性を大切にして家族が快適に暮らす家
玄関姿見鏡

玄関横には収納庫があります。

ここは保存庫兼アウトドア収納になります。

それぞれの個性を大切にして家族が快適に暮らす家
玄関横収納

屋外からの郵便ポストもここに取り込んでいます。

その場所は、、、こちら。

それぞれの個性を大切にして家族が快適に暮らす家
郵便物取り出し口

それぞれの個性を大切にして家族が快適に暮らす家
お手洗い

お手洗いです。

杉の腰板に漆喰の壁。
奈の町のお手洗いですね。 落ち着きます。

次回は玄関と洗面、リビングと2階へ上がります。

浅野勝義/奈の町
2020_05_05


この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です