浅野勝義[一級建築士・宅地建物取引士・2級FP技能士]が住宅設計30年100件以上のスキルや経験を、建築や不動産、資金計画など発信しています。バイヤーズエージェントとしても活躍中!

「平屋暮らしを愉しむ家」完成内覧2

浅野勝義
WRITER
 
nanomachi.co.ltd
この記事を書いている人 - WRITER -
浅野勝義
詳しいプロフィールはこちら

 

住まい手さんが引っ越しされて、既に1か月半も経ちましたね。
季節はあの暑い夏から気持ちの良い秋に移ろうとしています。
朝晩の涼しい気温は、秋を感じさせてくれます。

 

さて、前回の続きをアップしておりませんでしたので、ご紹介させて頂きます。

前回はご夫婦の趣味の空間でしたね。 広いテーブルの奥で裁縫が趣味の奥さんが、
生地を裁断する際に奥行きの深い 場所が必要だと。

いつも広い場所が必要でないならその時に出せばよい訳で・・・

この通り。

nanomachi

突然テーブルが湧いてきました。(笑)

実際は立て掛けていたテーブルを倒しただけなのですが。
必要のない時は片付けておきます。
これ、思いの外、重宝するんですよ。

 

何度も出て来るこの住まいのテーマでもあります、「平屋建ての家」ですが、
1階だけですべての要求を満たすこと以外にも要望がありました。

それは、「家の中をぐるぐると回遊できること」と、「動線の簡略」でした。
「動線の簡略」と言えば難しそうですが、要は家事動線がシンプルで 暮らしやすいと言う事ですね。

実際、この住まいはあちこちと動き周れるようになっています。
そして家事動線も実に単純になっています。

 

キッチンから趣味のスペース、そして隣が洗面所、左手奥が脱衣洗濯スペース、
その奥が浴室へと繋がっていています。

nanomachi.co.ltd

特に脱衣スペースと洗面スペースが独立しているところがポイント。
考えてみるとこのスペースは一緒になっているケースが多いんですよね。

この洗面スペースは、廊下にそのままつながっています。
ちなみにここにお手洗いも繋がっています。

 

 

そういえば住まい手さんからの愉しいリクエストがありました。
お手洗いのカギは、閂(カンヌキ)が欲しいと。

で、
私がスケッチして監督さんに作ってもらいました。
(ウォルナットの削り出し)

nanomachi co.ltd

左から片引きドアが締り、ドアにある穴へカンヌキが・・・
ドアの外から見えるのが、、、赤いボッチ(監督さんのアイデア)
穴が赤いと使用中のサインですね。

 

 

洗面所からぐるりと回る廊下には大きな収納があります。

nanomachi.co.ltd

障子ですのでここには和室がありそうに見えますが、そこはそのダミーですよ(笑)
中は広いクローゼット収納になっています。
そう、家族みんなの服が入る様になっています。
この収納が洗面室スペースに接しているところが重要ポイント。
(大型の収納は別の場所にあります)

nanomachi.co.ltd
中はこんな感じで広いです!

 

 

この廊下の先には洗濯物干しスペースがあります。

ご夫婦は共に仕事を持ってられるので、洗濯物干しは室内干しを主に設計しました。
ここはこの住まいで一番風が通り抜けて気持ち良い所。
ガンガン洗濯物が乾いてくれる場所なのです。
そして、見晴らしの良い所でもあります。

nanomachi.co.ltd

ここから寝室スペースへと繋がります。
もちろんリビングにもつながっています。
まあ簡単に言うと、洗面回りは隠れているけれど、その他は何所もリビングに 繋がっているプランなのです。

 

 

寝室廻りです。

nanomachi.co.ltd

いつも個室は小さい空間をつくる私としては、ここは広い空間ですよね。
その理由は、奥が子供室に変化するスペースなのです。

子供たちが小さい時は家族皆で広く寝室を使い、子供たちが個室を必要に なったときは分割して個室化する。
その為の明かりや換気、電気配線やドア周りもしっかりと作られています。

今はオープンで、家族みんな一緒の暮らしを愉しみましょう!
ってなわけです。

奥のドアを出ると・・・ リビングへと出てきます。

nanomachi.co.ltd

そうそう、
この家のお気に入りの場所をご紹介します。

nanomahi.co.ltd
ここはもっぱら子供たちの遊び場所になります。
ここへの出入りは、隠れ部屋を抜けて・・・それ以上は内緒です。

もう遊びをいっぱい作らせて頂きました。

 

最後に外観をご紹介します。

nanomachi.co.ltd

現在は植樹や造園を終えて、見栄えは変わっています。
機会がありましたらまたご紹介しますね。

ありがとうございました。

 

浅野

 

 

株式会社 奈の町
この記事を書いている人 - WRITER -
浅野勝義
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です