浅野勝義[一級建築士・宅地建物取引士・2級FP技能士]が30年100件以上のスキルや経験を、住まいの選択でお悩みの方へ、建築や不動産、資金計画など幅広く発信しているblogです。

『実家をリフォームして子世帯が暮らす家』完成内覧

浅野勝義
WRITER
 
実家をリフォームして子世帯が暮らす家
この記事を書いている人 - WRITER -
浅野勝義
詳しいプロフィールはこちら

実家をリフォームして子世帯が暮らす家

nanomachi.co.ltd

昨年1月、完成写真を奈の町のHPで公開して以来、更新がありません
でしたお住まいですが、その後の様子を少しご紹介させて頂きます。

写真はリビングスペースですね。(以前は和室でした)
ゆったりとした気持ち良い空間になりました。

今回はこちらに掲載していない部分をご紹介いたしましょう。

詳しくは奈の町のHPでリフォーム物件としてご紹介しています。
実家をリフォームして子世帯が暮らす家

nanomachi.co.ltd

リビングに燐接してダイニングがあります。

nanomachi.co.ltd

ダイニングスペースです。
(この住まいはリビング、ダイニング、キッチンは繋がっています)

ここは以前二間続きの和室でした。
今回は南北に抜ける北側の空間をダイニングスペースとしています。

ところで
左手に見えている太鼓襖の入口の奥、気になりますよね。

nanomachi.co.ltd

茶室のような入口ですが、

中は・・・

nanomachi.co.ltd
茶室ではありません。

ご主人の憩いの空間とだけ。
やはり禁断の部屋ですね(笑)

ダイニングに隣接しているのがキッチン。

食事を作りながら皆で食べる事の出来るカウンターを設けて、
ワイワイ言いながら食事ができるオープンキッチンを計画しています。

nanomachi.co.ltd

数人で立食パーティも出来るようにしています。

勿論、少し高いチェアーを置けば朝食などもOK

大きなテレビが置かれていたのは御愛嬌

nanomachi.co.ltd

カウンターの裏面です。

いつもの木製大型食器収納が収まっています。

写真の左手に見えるのは、盛り付けカウンターです。

キッチンの後ろ側に設置して振り返るとすぐに盛り付ける事が
出来るだけでなく、友人たちとここで立食さえも出来てしまう
カウンターなのです。
当然、料理教室も可能です。

このカウンターの下はこの様になっています。

nanomachi.co.ltd

引き出しとゴミ箱収納ですね。

さて、最後は以前にキッチンだったところ。

以前キッチンは東北の角にありました。
私はここを予備室として和室を設けました。

一次的に来客用として使います。

naanomachi.co.ltd

開口部は以前のキッチン用窓のままです。

nanomachi.co.ltd

反対面は建具がたくさんありますね。

この6枚に見える建具(正確には5枚)は、それぞれ用途が異なります。
出入り口に収納・仏間などを一体に見えるように設置しています。

奈の町のHPに完成写真が掲載しているので、これで終わりに
したいと思います。

ご興味がありましたらこちらをご参考下さい。

最後に外構で門扉もリフォームしました。

レンガ張りのアーチが特徴の門扉でしたが、塗り壁を行い、
この様に完成しました。

nanomachi.co.ltd

nanomachi.co.ltd

浅野勝義/奈の町

株式会社 奈の町
コンサルティング まだ住宅の選択でお悩みの方はこちら 家を建てるか、中古住宅を買うか、親の敷地に住むなど

コンサルティング 窓口

住宅設計 「建築家 浅野勝義」とつくる、和テイストの家をご検討中の方はこちら

住宅設計 窓口

不動産サービス 家を建てる為の土地や中古住宅購入が不安な方はこちら

不動産サービス 窓口

この記事を書いている人 - WRITER -
浅野勝義
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です