奈良の建築家 浅野勝義の家づくりBLOG

【奈良にUターン 両親と隣り合う快適な住まい】完成内覧第2回

 
奈良にUターン 両親と隣り合う快適な住まい
この記事を書いている人 - WRITER -

奈良にUターン 両親と隣り合う快適な住まい

奈良にUターン 両親と隣り合う快適な住まい

さて、完成内覧の第2回目になりました。

次はキッチンに隣接したパウダールームをご紹介します。
ところで、洗面所と言わずにパウダールームと命名しましたのは、ここが化粧台兼用
としてるから。 当然、化粧台ですので専用の椅子もある訳で、それに伴いカウンター
の高さも一段低く制作しています。

カウンターが低いのをカバーするために、洗面ボウルはカウンターの上に載せる
タイプとなりました。

奈良にUターン 両親と隣り合う快適な住まい

左手が洗面台、右側が化粧用カウンターになります。
正面には明り取りの窓、そして上には化粧用の照明を2灯。

化粧時にはミラーが要ります。
その際は可動ミラーを動かします。

奈良にUターン 両親と隣り合う快適な住まい

ミラー付き扉をスライドすると、全面が鏡になりますね。

洗面側にはカウンター下に収納を設置しました。
サイドには小物収納、パウダー側にも再度に小物収納があります。
ちなみにミラーの下にカウンターも設置しています。
ちょいとした物を置けるので重宝致します。

奈良にUターン 両親と隣り合う快適な住まい

パウダールーム横は、外部への出入りの為の勝手口になっています。

パウダールームは洗面脱衣場ではなく、廊下の一部になっています。
浴室に行くには隣りの脱衣室を経由する必要があります。

理由はここで着替え中に勝手口が開くと困るから。
まあ、聞けば当たり前ですけどね。

写真右手に収納が見えます。
この扉はポストになっています。
外部に郵便受けがあり、そこへ入れるとこのBOXに溜まる仕掛けです。
寒い日や暑い日に郵便受けまで取りに行かなくて良いのが、嬉しいのです。

あ、上部がオープンになっていますが、ここは可動棚を設置します。
何でも収納として重宝してくれるでしょう。
下の棚は下駄箱ですね。

奈良にUターン 両親と隣り合う快適な住まい

階段を上がりますと、この家でしか味わえない景色が目の前に広がります。

私はいつも景色の良い場所を探して開口部を取る癖があります。
遠くの山が見えたり、大きな空が見えたり、桜の堤防が見えたりとどうしても
外部へ視線の抜ける場所を探してしまいます。

室内は室内で横と縦の広がりを計画するのですが、やはり、外の景色は
別ですね。

奈良にUターン 両親と隣り合う快適な住まい

この2階は、1階とはコンセプトの違う空間です。

寝室と書斎、収納の機能が1つの空間に詰め込まれています。
朝、目覚めると、そこは光溢れる四季が目の前に広がるのです。

鳥の声、晴天の空、雨に煙る空、田畑にうっすら積もった雪化粧。
一日の始まりと四季の変化を感じてもらえる場所としてつくりました。

手すりの前にリクライニングチェアと小さなテーブルを置いて、一杯飲みながら
時間を過ごしてほしいと思います。

奈良にUターン 両親と隣り合う快適な住まい
御家族4人で塗った漆喰の思い出として。

次回は外構をご紹介したいと思います。

それまで少しお待ちください。


浅野勝義/奈の町

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です