奈良の建築家 浅野勝義の家づくりBLOG

ギンギラギンに~♪

 
この記事を書いている人 - WRITER -
多目的室のある家

現場の進行、とっても早いです!
(見学会をする間もなく終わってしまいました・・・)
伺いますと既に木軸工事を終えてしまい、断熱工事も進んでいます。
ほぼ、毎日監督さんから連絡と打ち合わせがありますから、進行状況は
理解しているつもりですが、予想以上に進んでますね。
さて、
写真を見て頂ければ分かりますとおり、室内はギンギラギン!

1階



2階




何でこんなにギンギラギンかと言いますと、防湿フィルムを外壁の室内側に
張り巡らせているから。





その理由を順番に説明しましょうか。
木軸の外部側から説明しますと、
外部面には構造用面材が張られており、その外部側には透湿防水シートが
貼られています。 その外部側は通気層、そして外部の壁下地です。
内部へはいります。
柱間には高性能グラスウールが隙間なくびっしりと充填されています。
そしてその内側には結露防止のための防湿フィルムが貼られています。
このシートにはアルミが蒸着されているものですので、、、まあそのギンギラ
な訳です。(アルミが着いているというのはここでも断熱効果も狙っています)
シートの内側は胴縁を打つことで空間を作り、断熱効果を高めます。
とまあ書き出しますと大変面倒な仕事ですね。
一般には袋に入った断熱材を使いますよね。
この袋入りの断熱材は、柱と筋交いの隙間や窓周りの枠と間柱などの狭い
場所には上手く閉じこむことが出来にくいので、私はあまり好きではありません。
これで断熱性と結露を完全に無くす為の対策が可能になります。
外部は仕上げである杉板も一部既に貼られていました。



今回はかなり進んでいました。
次回はどの様になってますでしょうか。

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. pop より:

    さりげなくコメント残していきますよっと(笑)

  2. 浅野勝義 より:

    popさん、
    ナイスつっこみです!
    コメントを見て、夫婦で楽しませて頂きました。
    popさんのブログ、毎日愉しみに読ませていただいてます。
    POPさんのファインダーの中にいるシカたちは、いつもいつも
    いい顔をしていますよね。
    撮りに行けば分かりますが、なかなか難しいんですよね、これ。
    さすがです。