浅野勝義[一級建築士・宅地建物取引士・2級FP技能士]が住宅設計30年100件以上のスキルや経験を、建築や不動産、資金計画など発信しています。バイヤーズエージェントとしても活躍中!

“パブリックとプライベートのそれぞれに庭(テラス)を持つ家” 完成内覧 第2回目

浅野勝義
WRITER
 
nanomachi.co.ltd
この記事を書いている人 - WRITER -
浅野勝義
詳しいプロフィールはこちら

『パブリックとプライベートのそれぞれに庭(テラス)を持つ家』
前回は、来客者を含めたパブリックスペースについてご紹介いたしました。
今回は、ご夫婦のみが生活とするプライベートスペースについてご紹介します。

 

リビング・ダイニング・キッチンスペースを含むパブリック部分と、
寝室・洗面他・浴室・専用デッキを持つプライベート部分は、階段部で
繋がっています。

この階段部を中心として、2階へ、パブリック、プライベートのそれぞれへと
繋がっています。

寝室はベッドエリアと書斎・鏡台などの作業エリアが中央の壁を隔てて
分けられており、また、繋がっています。

まず、寝室部分から
nanomachi.co.ltd
ベッドから見た視点になりますが、中央の壁にテレビを取り付けて、ベッドに寝ながら映画鑑賞ができる訳ですね。

向かって右手がプライベートデッキです。
洗濯物や布団など、オープンに出来ないものなどを干すこともできますし、
一人(もちろん二人でも)夜空を見ることだってできます。
デッキと室内床がフラットになっていますので、車いすもOK。

壁の裏手は・・・
nanomachi.co.ltd
天井までの書棚になっています。
この書棚の対面には鏡台、そして・・・

nanomachi.co.ltd

正面に書斎をつくりました。
中央部の空間には、ご主人がお使いのデスクがピッタリ入ります。

さて、一つ写真を戻って頂いて、
テラスへ出て行く建具横に、つくり付けの姿見鏡があります。
この横に手洗い・洗面・脱衣場に続くドアがあります。

中はこんな空間です。

nanomachi.co0ltd

 

nanomachi.co0ltd
ここはお話ししていました通りプライベートスペースですので、ちゃんと
車椅子で行動出来る様に造られています。

ドアの幅、洗面台の高さ、ミラーの高さ、便座とサイドカウンター高さ、
ペーパーホルダーの位置、手すり高さとその空間距離など使いやすさを
しっかり検討して決めています。

洗濯機上部の棚は、タオルや下着類など肌に触れることを前提に杉材で
つくっています。

次は2階へとなります。

車椅子用のエスカレーターを設置するために、階段幅は通常より広く
撮っていますので、設置前は少し広過ぎ感がありますね。

2階です。

nanomachi.co.ltd
2階にはこのホールと、お手洗いと個室があり、急な来客の休憩や宿泊も
可能で、広い和室になっています。

お手洗いも楽しいものになりました。

nanomachi.co.ltd

洗面も出来るようにと、手洗いボウルを大きくし、ミラーも取り付けました。
正面は住まい手さん注文のステンドグラスです。
外構の工事が続いていますので、完了しましたらまたご紹介します。

 

株式会社 奈の町
この記事を書いている人 - WRITER -
浅野勝義
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です