浅野勝義[一級建築士・宅地建物取引士・2級FP技能士]が住宅設計30年100件以上のスキルや経験を、建築や不動産、資金計画など発信しています。バイヤーズエージェントとしても活躍中!

内部造作がほぼ完了に近づきました

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら
奈良町の家

この2.3日の暖かさは一体何なんでしょうか?
今日も日差しが暖かく、ジャケット無しで現場に伺いました。




現場では内部の造作に大方の目処が立ち、大工さんが片付け物を
始めている様子でした。
ダイニングテーブルは既に完成していて、、キッチンや食器収納などは
引き出しを残しているのみ。
そのほとんどが終盤に向かっています。
今日は茶室の一部をご紹介します。


茶室の内部は左官工事が終わり、後残っている工事は、
畳、建具(障子・襖)、表具(腰和紙張り)、照明取り付けで終わり。
今日は監督さんと、この茶室が大変だったけどいいものになったよね、
なんて。
もう少しで終わってしまうのが寂しくなってる事と、また茶室やりたいね
なんて話をしていました。 
で、

茶道口まわりです。
まだ土壁が乾いていませんが質感は最高。(写真で表せないところが辛い)



茶道口周りの仕舞



連子窓
敷居・鴨居とも大変薄く加工した杉(赤)材を使う



壁留と掛け込み天井との取り合い




自分で言うのもなんですが、イイ感じに仕上がっています。
出来上がりは上々。
現場は傷つけることのないように出入り禁止区域となっています(笑)
後日、見学される方は気をつけてくださいね。

株式会社 奈の町
この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら