浅野勝義[一級建築士・宅地建物取引士・2級FP技能士]が30年100件以上のスキルや経験を、住まいの選択でお悩みの方へ、建築や不動産、資金計画など幅広く発信しているblogです。

古民家の味わい(2)

浅野勝義
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
浅野勝義
詳しいプロフィールはこちら

前回は余談ばかりで肝心な話に進みませんでしたね。
今回はそんなことのないように・・・
でも余談を入れてしまいましょう。(笑)
さて、
この写真の【鶴】は何か分かりますか?


私のブログを読んでいただいてる方ならご存知だと
思います。
長押の釘隠金物ですね。
その家の家紋や家に関わるエピソード、部屋の用途別
などで釘あとを隠すための飾り金物です。
実際に外して見ますとこんな感じです。

すごく上品な住宅です。
また、襖の引き手も何気ないところにこだわりが感じ取れます。
また、こんな引き手もあります。
手の込んだ引き手を見られたことがありますか?

さて、
本題に入りますね。
お気に入りの気持ち良い空間にするために、よく訪れる
旅館のイメージを参考にリビング・ダイニング空間を計画します。
カラーのイメージは黒と白。
フローリングもナラにエボニー色を塗りました。
水周りも一新しました。
浴室・洗面・便所もやり変えですね。
特にお風呂が好きなご主人がゆったり寛げる空間と
快適さも確保します。
自宅を調査中に面白い場所も次々と発見されました。
「あんなところにも部屋がある!」
なんて会話が飛び交ったのも一度や二度ではありません。
この空間の写真を1つご紹介します。

この空間も利用して個室を造ることになりました。
さて、次回は完成写真です。
6月初頃に完成。
お楽しみに。

この記事を書いている人 - WRITER -
浅野勝義
詳しいプロフィールはこちら