浅野勝義[一級建築士・宅地建物取引士・2級FP技能士]が住宅設計30年100件以上のスキルや経験を、建築や不動産、資金計画など発信しています。バイヤーズエージェントとしても活躍中!

古民家リノベーションのイメージが出来てきました。

WRITER
 
nanomahi.co.ltd
この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

【築120年の古民家を快適に暮らすリノベーション】

昨年から設計が進んでいました古民家のリノベーションですが、
ある程度内容が決まってきましたのでご紹介します。

nanomachi.co.ltd

 

現在の建物は、築120年の古民家。
吉野町にある住まいはとっても美しく、また大きな住宅です。

画像:現状の建物
母屋の東南にある別棟の建物を解体提案

nanomachi.co.ltd

左手が母屋。右手に見える建物を解体提案

 

nanomachi.co.ltd

解体建物を側面側から見る。ここを撤去すると景色と明かりが手に入る。

そして手に入る景色は・・・

nanomachi.co.ltd

この景色がいつも見ることが出来るのです

 

リノベーションを決めた理由は、

居住しているスペースが、日当たりの良い南側とは反対の
北側にある部屋で日々暮らしてられるので、もっと明るい
場所で暮らせないか。

住宅内の床の段差が激しい。
住宅内で5cm、15cm、30cmと生活範囲内で動く度に段差を
超えている暮らしを解消したい。

そして、断熱性・気密性が無い事から冬がとっても寒い。
広い家なので暖房の範囲が限られて、キッチンと茶の間の
行き来で暮らしている。
その寒い中、半屋外的な通路を渡ってタイル張りのお風呂に
入っていること。ヒートショックがとっても怖い。

最後に耐震性の問題。
東南海・南海地震に対する対策・対処がまだできていない。

 

この問題点を解消する目的で、今回の設計が始まりました。

 

設計主旨は、

〇耐震診断と耐震補強を行う。
〇内部の住宅性能(高気密高断熱性)を上げて快適性を向上すること。
〇段差の解消。生活範囲はすべてバリアフリーにします。

今回私から明るく広々とした空間で暮らして頂く為に、
私から既存建物の一部を減築して大きな開口部と明るく広い
デッキを提案しました。
夏は周りの景色が一望できるデッキは、気持ち良い風が通り
抜けて行く気持ち良い空間になるでしょう。

住宅の性能を上げることで、
冬はしっかりとした暖房で、常に一定の気温で快適に暮らせる。
春秋は部屋の窓を全開して風と共に季節を感じられます。

古民家の良い所と、現代の高性能な温熱環境を併せ持つことで
今までの暮らしを一変して頂きたいと思っています。

 

nanomachi.co.ltd

 

nanomachi.co.ltd

 

建物の外観が大きく変わる訳ではなく、室内を暗くさせていた
部分を減築することで明るく暮らせるようにリノベーション
します。

内部も一新しますのでお楽しみに。

 

浅野勝義/奈の町

株式会社 奈の町
この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です