奈良の建築家 浅野勝義の家づくりBLOG

“奈良町の家” 古民家部分の改修

 
この記事を書いている人 - WRITER -
奈良町の家

中古で購入されました築100年程の古民家。
当時、初めてお邪魔させて頂いた際は、建具がバラバラで、壁が落ちている
部分があり、クラックはあちこちにある。
木部はコテコテになった飴色で、暗いジメジメした空間でした。
修繕と改装を終えた建物は、本当に美しい内装へと変わりました。
以前の物と現在の様子とは、全く違う様子を比較しながら見てみたいと
思います。
まず、以前の二階の様子から。











改修後は…


この様になりました。











如何でしょう。
今回は二階と通り土間だけですがこれを見ると、古民家を買いたくなってしまいそうでしょう?

この記事を書いている人 - WRITER -