奈良の建築家 浅野勝義の家づくりBLOG

和紙を張る

 
この記事を書いている人 - WRITER -
多目的室のある家

唐紙のベースやふすまの鳥の子などで使われる和紙。
その和紙の生産で有名な越前和紙をご存知でしょうか。
今年の夏、福井県の越前和紙の里へ伺ってきましたが、
この和紙の質感は何とも言えない味わいがあります。
今回、この越前和紙を住まいのほぼすべての部屋に使おうと
考えています。
もちろん室内で木を使う部分は除きますが、塗り壁を使わず
和紙を全面的に使ってみることになりました。

大きな見本を取り寄せて、実際に壁に当てて見ている様子(左が私)




現在事務所は、この実施設計図を作成中。
最近、吉野和紙さんもそうですが、和紙の素晴らしさに触れてから
たくさんの和紙のメーカーさんともお知り合いになりました。
まだまた設計の幅が広がりそうで、楽しませていただきたいと
思っています。

この記事を書いている人 - WRITER -