浅野勝義[一級建築士・宅地建物取引士・2級FP技能士]が住宅設計30年100件以上のスキルや経験を、建築や不動産、資金計画など発信しています。バイヤーズエージェントとしても活躍中!

地盤調査

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

奈良市で新しい現場の地盤調査を行いました。
この敷地は、数十戸規模の分譲地の一区画ですが、
近隣を含めて環境がすこぶる良い場所にあります。
奈良公園にも近いので、徒歩圏内で私の好きな寺社
をいつでも満喫できる場所なんですね。
おまけに〇〇もいるんです・・・




さて、
この敷地はこの団地内でも一番切り土が多い場所を
選んでいます。 その切り土差は、7m以上。
7mも切れば地盤は固い地盤がすぐそこにあるのでは
という期待もあって、地盤調査は楽しみです。

調査機械とそのヘッド部分







この敷地は前面道路から1m少々の高低差があるので、
それを利用して、住まいの中のフロアーに高低差を
つけた計画を考えています。
具体的には模型などで分かるのですが、、、
調査の結果、大かたの予想通り、しっかりとした地盤が
計画地盤の1m以内にありました。
(地盤改良費が安くすむ!)
あとは、今の課題でもある、「悩める階段」。
今日、結構スッキリまとまりました。 それまで時間が掛かりましたねぇ。
明日はその打ち合わせになります。
そうそう、文頭で書きました”〇〇”。
実は ”鹿” なんですね。
ここは夜になると・・・鹿が団体様で来るんです。

レベル機械と鹿の足跡




で、この家のネーミング、 ”鹿の来る家”
ってのはダメか・・・

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら