奈良の建築家 浅野勝義の家づくりBLOG

地鎮祭を行いました

 
この記事を書いている人 - WRITER -

子供たちの成長を見守る家
工事契約をしてからしばらく経っていましたが、
2月21日、晴天の空の下 地鎮祭を行いました。

設計が終わって着工まで少し時間が掛かったのは、
ただ施工会社さんが忙しく調整の期間が欲しいと
いう理由。
焦ってはいませんので、しっかり良い家をお願いしますね。


さて、
来て頂いた宮司さんは御近所にある事代主神社さん。
住まい手さんのお知り合いだとか。
よろしく願いたします。

神籬
ひもろぎですね。そして供え物であるお米とお神酒

『地鎮の儀』で住まい手さん参加の穿初を行う様子
 今回私の参加する『刈初』はありませんでした。
 来て頂く神社によって私の参加不参加があるのが
 どうも不明…
地鎮祭が終わるとあっという間に片付けられてしまいます。
「御家族みんなで写真を…」
という言葉もかき消されそうな勢いで、なんとか途中で
片づけを止めて頂きました。
皆さん揃って写真を撮ろうとした際、宮司さんもご一緒に…
と話そうと振り返ったときには既に着替えられている始末。
早すぎ! 
で、片付け始めた際に撮った一枚。
青竹の影とご一緒していただきました。

献酒はここ最近定番になりました梅の宿の吟醸。
呑み易くてと嫁からの太鼓判付きです。
着工は3月から始まります。
忙しくもあり、楽しみな毎日が始まります。

この記事を書いている人 - WRITER -