浅野勝義[一級建築士・宅地建物取引士・2級FP技能士]が住宅設計30年100件以上のスキルや経験を、建築や不動産、資金計画など発信しています。バイヤーズエージェントとしても活躍中!

基礎の配筋検査2回とも完了。

浅野勝義
WRITER
 
nanomachi.co.ltd
この記事を書いている人 - WRITER -
浅野勝義
詳しいプロフィールはこちら

高齢の母と穏やかに暮らす家

nanomachi.co.ltd

 

真夏の炎天下、この日は7月の最終日でした。

溶けてしまうような暑さの中、職人さんは鉄筋を組み立てていました。

まず1回目のベース配筋検査です。

 

nanomachi.co.ltd

 

まず、かぶりの検査です。

写真は一部ですがだいたい同じ仕上がりですね。

手前にはホールダウンも確認できます。

写真で見る通り、外壁面(右の型枠側)のかぶりも向こうまで

スッと通っています。 こういうのは一目で分かります。

nanomachi.co.ltd

スケールを当ててみますと、70mm以上確保されているのが

確認できました。

 

nanomachi.co.ltd

間仕切り部分の鉄筋の様子です。

上部で上端筋にフックが掛けられているのが分かります。

 

nanomachi.co.ltd

基礎立ち上がり部の開口補強部分です。

ここもいつも通り綺麗に仕上げらています。

 

nanomachi.co.ltd

 

ベース鉄筋の下部におけるかぶりも確認。

下端の鉄筋から寸法で、90mmを確保。

 

nanomachi.co.ltd

ちょっと醜いですが、ベースの配筋です。

スケールの赤い部分が10cm毎の表示で、4スパンにスケールを

合わせています。

ちょうど4スパンで80cmですので、200mmピッチでOKです。

 

検査完了で翌日コンクリート打設になります。

 

8月6日、暑い日がずっと続いています。

ベースコンクリート打設後、今度は基礎の立ち上がり部分について

検査に伺いました。

nanomachi.co.ltd

 

型枠大工さんが入って、基礎内部側の立ち上がり部分を

造っているところです。

 

鉄筋の検査を2度もする理由は、ベースのコンクリートを

打設する際、鉄筋が浮いて移動する場合があるからです。

あんな重い鉄筋が・・・と、思われるかも知れませんが、

浮力で動くことあるんですね。

また、中の間仕切り部分で、型枠を切削すると鉄筋が片方に

寄っていることも・・・

 

nanomachi.co.ltd

 

鉄筋のラインがスッと通っていますね。

とっても綺麗です。(外部面は左側)

 

nanomachi.co.ltd

 

コーナー部分を上から撮って見ました。

中央の長い棒がホールダウン金物。

過度の柱が地震によって抜けるのを防止します。

 

両サイドの少し短い棒がアンカーボルトです。

この働きは、土台が浮き上がる事を防止するためで、

コンクリートに先行で横筋に取り付けて、コンクリートを

打設することで一体化します。

このアンカーボルトで土台の浮き上がりを抑えます。

 

アンカーボルトの本数も場所毎に構造計算によって算出します。

計算により本数が少ないと結果がNGとなります。

 

本数が確認できる写真があります。

nanomachi.co.ltd

正面の黄色いせき板で囲われるコンクリートの立ち上がり部分で

確認してみます。

左から1本.2本.・・・・右の終端で9本ありました。

1本は土台の継手の両サイドを抑えるために1本増えています。

距離から見て1m置きの感じで、とっても多いので安心です。

 

もし、ご自宅などでこのアンカーボルトが見えるタイミングに

ありましたら、一度数えてみるのもお勧めします。

 

少なかったり、ピッチが広すぎるのはどうなんでしょうね。

では。

 

 

次回は新しい物件の模型をご紹介します。

お楽しみに。

 

浅野勝義/奈の町

 

 

 

株式会社 奈の町
この記事を書いている人 - WRITER -
浅野勝義
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です