浅野勝義[一級建築士・宅地建物取引士・2級FP技能士]が30年100件以上のスキルや経験を、住まいの選択でお悩みの方へ、建築や不動産、資金計画など幅広く発信しているblogです。

基礎を打設しました

浅野勝義
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
浅野勝義
詳しいプロフィールはこちら
丘の上に建つ家

今日は天気も良く、奈良の各所に出掛けてきました。
暖かい日差しを浴びながらゆっくりとした時間を感じてきました。
さて、25日の棟上げを前に、二回に渡る配筋検査がありましたので
その内容をご紹介します。
一回目はベースの鉄筋検査。
底板に敷き込む鉄筋から始まります。
全景はこんな感じ。

かぶりの様子はこんな感じで、寸法もクリアしています。


柱の引き抜きに対応するためのホールダウン金物は、
ちゃんとベース筋に引っ掛けられています。

私の検査はOKです。
さて、
検査の翌日にコンクリートの打設を行いました。
コンクリート強度については、設計基準強度が24N/mm2ですので
打設日から温度補正すると+6N で、30N/mm2を使います。
コンクリー強度試験は一週(7日)と四週(28日)を行い、
実際のコンクリート強度を確認します。
コンクリート存置期間後の立ち上がりの鉄筋検査の様子は
こんな感じ。
全景です。

この現場の場所、やっぱりすごい景色だと思いません?
(何度も言ってますよね)
立ち上がり部分のかぶりも一部手直しを伝え、確認を済ませました。
打設するとちょっと動くんですよね。
(あんなに重たい鉄筋もコンクリートの中で泳ぐのよね~)
さて、
次の写真ですが、型枠と型枠の間に鉄筋があるのが分かりますか?

そしてこの二枚の型枠の間を渡している かまぼこ板の様な板に
注目してください。
そこに何か棒が引っ掛けられていますね。
これはアンカーボルトです。
アンカーボルトは土台を基礎にしっかり押さえこんでおくことが目的で、
設置は立ち上がりのコンクリートの中に埋設します。
その方法はコンクリート打設前に設置すること。
打設してから差し込む行為はNGです。
この様に大変面倒ですが動かないように、また下がらないように
止める事が大切です。
ちなみにアンカーボルトの設置ピッチですが、奈の町では1M程度に
一ヶ所、また土台継ぎ手の両方に設置しています。
次回は棟上げです。
天気予報では晴れとのことですので楽しみです。

株式会社 奈の町
コンサルティング まだ住宅の選択でお悩みの方はこちら 家を建てるか、中古住宅を買うか、親の敷地に住むなど

コンサルティング 窓口

住宅設計 「建築家 浅野勝義」とつくる、和テイストの家をご検討中の方はこちら

住宅設計 窓口

不動産サービス 家を建てる為の土地や中古住宅購入が不安な方はこちら

不動産サービス 窓口

この記事を書いている人 - WRITER -
浅野勝義
詳しいプロフィールはこちら