浅野勝義[一級建築士・宅地建物取引士・2級FP技能士]が30年100件以上のスキルや経験を、住まいの選択でお悩みの方へ、建築や不動産、資金計画など幅広く発信しているblogです。

外観が見えてきました

浅野勝義
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
浅野勝義
詳しいプロフィールはこちら
実家の隣に建つ快適な家

週末になって少し雨模様の天気となりました。
先日のお休みの水曜日は曇りで暑くもなく寒くもなく、レジャー日和の
気持良い天気でした。
その日、久しぶりにUSJへ行ってきました。
園内は結構空いていて待ち時間はほとんどなく、何より年寄りな私たち
には暑さと日差しが無いのが最高のお天気でした。
ウォーターワールドで全身水浸しになったのも楽しかったですよ。
さて、
現場は外部足場が外れ、外観がしっかり見れるようになりました。

写真は足場が残っていた際の写真




今までシートに覆われていましたので写真を撮ってもほとんどその
全容が分かりませんでしたが、現在ではしっかりとその様子が
分かります。


内部の様子もこの一週間でガラッと変わりました。
というのは、下地状態だった壁にボードが張られ始めると、室内の空間が
つかめるようになります。

こんな感じ




天井、床に続いて壁が下地から進んでくると、もう少しで内部の仕事が
終わりそう(まだまだ仕事はありますが)な気分にさせてくれます。
実際はキッチンや家具、収納などこれからの仕事もあるのですが・・・
規格住宅なら部屋ができれば、ハイ終わり。 なのですが、
うちはそういう住まいではないので、空間ができてから行う工事がいっぱいあります。
今回は別の現場でも活躍して頂いてました大工さんも駆けつけ、家具工事など
を応援してくれています。
この大工さん、家具屋さんではないのですが、細かい設計図面の注文内容に
ちゃんと技術で答えてくれる仕事をしてくれます。



手すりも見事なR加工ですし、家具も端々までピシッと綺麗です。
今日は洗面所の窓カウンターを加工してくれていました。
途中触らせていただくと、表面はツルッツル。
チーク独特の質感もしっかり出ています。
木製建具のガラスもしっかりと入っていました。
二階吹き抜けの窓にも収まっています。



この後の工事は、塗り壁の仕事に内部木製建具、家具などの制作ものが主流に
なってゆきます。
まだ一か月近くありますが、逆にいえば一カ月で完成してしまうということ。
そう考えれば住まい手さんはちょっと寂しいかな?

株式会社 奈の町
コンサルティング まだ住宅の選択でお悩みの方はこちら 家を建てるか、中古住宅を買うか、親の敷地に住むなど

コンサルティング 窓口

住宅設計 「建築家 浅野勝義」とつくる、和テイストの家をご検討中の方はこちら

住宅設計 窓口

不動産サービス 家を建てる為の土地や中古住宅購入が不安な方はこちら

不動産サービス 窓口

この記事を書いている人 - WRITER -
浅野勝義
詳しいプロフィールはこちら