浅野勝義[一級建築士・宅地建物取引士・2級FP技能士]が住宅設計30年100件以上のスキルや経験を、建築や不動産、資金計画など発信しています。バイヤーズエージェントとしても活躍中!

“傾斜地に建つ家” 完成しました2

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

今日は吉野の桜が最高潮だとか。
1300台もある駐車場が、午前9時には満車に
なったと朝からラジオが告げていました。
大変な人の数なのでしょうね。

お天気も良いし、桜吹雪も見ることが出来る
でしょうし、お花見の思い出には最高です。

さて、”傾斜地に建つ家”です。
前回の続き、地階をご紹介いたします。
地階はプライベート空間としてサニタリー、
浴室、各個室などがあります。


階段を降りると明るいサンルーム(サニタリー)が
あります。



日当たりもよく、洗濯物を干したり、洗面、読書等
をゆっくり楽しめる場所でもあります。

大きな書棚の下には蓄熱暖房機を据付、暖房の準備
も万全なのです。
冬の寒い日、陽だまりの中でぼんやり読書・・・
なんてのもイイですね。

ココには階段状のデザインを持つ三段の窓があります。
理由は窓の外の敷地の形状が斜めになっているので
こうなったんですが、結果オーライですね。

窓台も愉しい感じです。何を飾りましょうか



ココからベランダへ出てゆく開口部は、全開します。



洗面台もスッキリ。
そして階段段板の断面形状にも御注意を!
(私はよく使うのですが・・・誰も気づいてくれなくて)
手摺デザインと形状は、住まい手さんこだわりのオリジナル。



隣室はシアタールームです。
地面に埋まっている場所で、音響は全く気にしないでも
構いません。
もちろん、扉を閉めれば昼間でも上映OK。



まだあります。
が、続きはこちらを見てくださいね。
(実は先にアップしていましたのをご存知でした?)
★お知らせ
の ”家づくりセミナー” の開講が決まりました。(4/19日~)
日程や内容の詳しくは こちら まで。
ご参加どうぞ。

株式会社 奈の町
この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら