奈良の建築家 浅野勝義の家づくりBLOG

“傾斜地に建つ家” 完成しました1

 
この記事を書いている人 - WRITER -

傾斜地に建つ家が完成いたしました。

奥行きがなく、また急な傾斜をもつこの敷地。
一般的には道路面にフラットになるように、高い擁壁を
つくるのでしょうが、擁壁に掛ける費用を建築へ持って
行きたくて、この斜面のまま、2階建ての住宅をポンと
はめ込んでみました。

はめ込み方は、道路面からは平屋建てとし、斜面の向こう
側から見ると2階建てに見えるように、1階分を地面に埋めて
見たわけです。 もちろん斜面ですから地階は半分が丘に
向いて開くわけです。

それが出来たのも、敷地が南に面して開かれているのが
ポイントでしたね。 明るいですから。

それがこの住まいのコンセプト。
難しかったのは、敷地の中で建てる事のできる空域が矩形
になっていない事。

この形状に合わせて建物の角度を112度に開いています。
設計も大変でしたが、施工する側も大変だったと思います。
建築中もいろんな事がありました。
いろんな経験もさせて頂きましたが、出来上がればそれも
思い出になりました。

では、完成した建物のご紹介を致します。
(細部のこだわりは内緒。ご了承下さいね)


まず今回は、1階部分から。

玄関を入るとすぐ横に更衣室があります。
ここでホームウェアから外出着へのチェンジを済ませます。
ここには住まい手さんのアイデアが満載。

詳しくお見せできないのがまことに残念・・・



はじめにお話しましたが、この建物は ” く ” の字のように
112度の角度を持って折れています。
玄関はその丁度折れた場所にあり、動線を考える上で
廊下の様な無駄な空間が最小になる設計。
玄関の中に入ると、その空間の天井の高さに驚きます。
そしてこの明るさにも。
ところで天井にあるガラスこの写真は何だと思います?



実はお手洗いの天井部であり、ここから明かりが降ってくる
ようにしています。
次に 更衣室(+α)の上階にはロフトがあります。
ロフトはこのような感じ。
ここから一階の空間すべてが見渡せます。
こうやって見ると、不思議な空間でしょう?



最後は茶の間。
まだ畳が入っていませんが、ここが茶の間です。
段差を利用した収納もそうですが、この場所からの
見晴らしも最高。
ここからそのままバルコニーに出ることも出来ますから、
見晴らしのよい空間でバーベキューもたのしそう。
人目をまったく気にしないプライベート空間です。



リビングからの建具はいつもの解放サッシ。
木製の建具を四枚、戸袋に収納して全開放ができます。
(戸蓋がちゃんと後で付きますよ)
これが気持ちいいんですよねー!



ところで、この現場は風通しがよく、と言いますか・・・
良過ぎて現場は寒いくらい。
建物は気密断熱住宅ですから冬は暖かく、夏涼しい住宅に
なるでしょう。
次回は階段を下りて地階です。
★お知らせ
の ”家づくりセミナー” の開講が決まりました。(4/19日~)
日程や内容の詳しくは こちら まで。
ご参加どうぞ。

この記事を書いている人 - WRITER -