浅野勝義[一級建築士・宅地建物取引士・2級FP技能士]が住宅設計30年100件以上のスキルや経験を、建築や不動産、資金計画など発信しています。バイヤーズエージェントとしても活躍中!

完成一部ご紹介

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

玄関土間から



現場がほぼ完成に近づき、部分的に出来上がってきましたので
少しずつご紹介いたします。
もともとこの住まいは住まい手の奥さんが若い頃まで住んでられた
住まいで、ご結婚後この奈良を離れられました。
お母さんとご一緒に奈良を離れたこともあって、この住まいは
奈良へ時より来られたときの滞在用としてのみ使われていたもの。
屋根などの傷みも激しく、また人気のないこともあって、お邪魔した際
どちらかと言えば閑散としている印象がありました。
建物自体は傾きや痛み、沈下なども少なくて良好と言えるでしよう。
やはり雨漏りの改修が一番重要で、雨漏りの激しい屋根部分をすべて撤去し
新しく軽い屋根に葺き替えることとしました。
台所の煙り抜き部分付近がそこになります。
また、建物の改修目的は、
1.耐震性を上げること。
2.断熱・気密性能を上げること。
3.暮らしやすさの向上。
4.水周りの全面改善。
5.開口部の改善。
6.おばあちゃんの部屋と隣接するお手洗い
そして、遊び場所が少々。(これが無くっちゃダメですよね)


葺き替えた屋根の部分は、以前台所のあった部分。
当然土間でしたので新たに床を作りました。

大空間だったことを生かしてここをLDKとして新たに作りました。

吹き抜け上部にあるスリット廊下

とんでもない急階段だったところを、ゆったりとした階段へ。
廊下奥はお手洗い。格子から漏れる明かりと風が気持ちよい。

2階階段ホール。
一番奥は奥さんの仕事場。

階段下奥にあるお手洗い。以前の格子と大きな窓をそのまま利用し、
内部側にインナーサッシ、そして網戸を設置しました。

2階屋根勾配をそのまま使ったクローゼット。



洗い工事の途中でしたので、今のところこんな感じです。
以前の状態と比べるとより分かりやすいですので、ホームページでは
そのようにアップします。

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら