浅野勝義[一級建築士・宅地建物取引士・2級FP技能士]が住宅設計30年100件以上のスキルや経験を、建築や不動産、資金計画など発信しています。バイヤーズエージェントとしても活躍中!

“実家の山の木を使って建てた家” 完成内覧2

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら
実家の山の木を使って建てた家

今回は2回目です。
前回は外廻りでしたので、今回は外部から家の中へと移動したいと思います。
今年の夏も暑かったですねー。
暑さ対策として、風の通り抜けは大切なポイントです。
南側中庭の面する大開口から吹き込んできた風は、リビング・ダイニングキッチンを
通り抜け、北側のデッキへと通り抜けます。
ちょうどその風の通り道にダイニングテーブルがあります。



住まい手さんから
「この夏はこの風だけでエアコンを使いませんでしたよ。」
なんて御邪魔させていただいた際いお聞きしました。
ここから入り込んだ風は家の様々なところを通り抜けます。
もちろん吹抜けを通して2階へも通り抜けて行きます。


さて玄関からご紹介します。
玄関の中はすっきりとしています。



右手の傘のようなものはベビーカーですね。
左手にはポストと傘入れがあります。



真ん中の開いている扉の奥にはポストがあり、外から郵便物を
投函すると、ここに貯まります。
寒い冬は外に出ないで受け取れる、ってのはイイと思いませんか?
下の扉は傘入れ。
このBOXは傘に滴があっても大丈夫な工夫がしてあります。
玄関からリビングへ入ると・・・
吹き抜けの大空間が広がります。



ダイニングはこんな感じです。



左手はキッチン。
形式はオープンキッチンです。
もちろん収納も含めて全てオリジナルで製作したものです。



天板も全てご希望の寸法に合わせて製作しています。
ところでキッチンの奥に部屋が見えますね。
ここはパントリー兼奥さんのコーナーになっています。
このあたりからの詳しくは次回にと続きます・・・

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら