浅野勝義[一級建築士・宅地建物取引士・2級FP技能士]が住宅設計30年100件以上のスキルや経験を、建築や不動産、資金計画など発信しています。バイヤーズエージェントとしても活躍中!

“実家の隣に建つ快適な家” 完成紹介第1回

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら
実家の隣に建つ快適な家

8月の引っ越しから少し日が経ちましたが、外構工事が終わりました。
先日写真を撮りましたので建物の一部をご紹介いたします。



玄関アプローチからご紹介いたします。
訪ねてこられる方が分りやすいようにアプローチの入り口をタイルで
表示しています。



正面奥、面格子の左下にはポストがあります。
ここに入れられた郵便物は、内部のげた箱で受け取ることができます。
もちろん中はBOXになっていますので寒い風が入るなんてことはありませんし、
寒い日に外に出て郵便物を取りにゆくこともありませんね。
もう少し詳しく見てみたいと思います。


まず建物の全景から。



二階の木製窓は片引きの建具です。
二つあるように見えますが、一つは網戸です。
正面の壁には表札とインタホンが取り付けられます。
その壁右側に車が止まっています。
よく見ていただくと屋根が車に被っているのが分かりますでしょうか。
これはお買い物帰りなどで、雨の日にそのまま濡れずに家の中へと
入れるようにしたいという希望からつくりました。
壁の後ろは駐輪場になっていて、ここには勝手口がありますので
雨にぬれずにそのまま家の中へと・・・
これは楽ちんです。
塀の部分から建物を見ます。



道路面から2mほど下がって塀が取り付けられています。
この区間は、道路後退というのではなく 来客の方が来られた際の
スペースとして設けました。
アプローチ部分はこのようになっています。
微妙に回り込みながら灯りのある玄関へと誘導されるのです。



次回は玄関から中へ入り、そのまま広いデッキへと続きます。
お楽しみに

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら