浅野勝義[一級建築士・宅地建物取引士・2級FP技能士]が住宅設計30年100件以上のスキルや経験を、建築や不動産、資金計画など発信しています。バイヤーズエージェントとしても活躍中!

完成間近

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら
実家の山の木を使って建てた家

皆さん、お盆休みはいかがお過ごしですか?
奈の町はお盆休みは取らないで、お盆明けに3日間の
お休みを頂くつもり。この時期はどこへ行っても混んでますから。
あと一週間、ちょっと楽しみでもあります。
さて、現場は大詰め状態で、左官屋さんや電気屋さんが
お盆休みも取らずに仕事にきていました。
この暑いのに大変なことです。
この住まいのメインとなる空間の壁と天井は、本格的な
漆喰仕上げとなっています。
何度も塗り重ね、最後に鏝で押さえると、フラットな表面が
なんとも言えない光沢を醸し出します。
しかしこの仕事、大変なんです。
写真は中塗りの様子。

仕上がっている1階ダイニングの様子

天井の光沢が分かるでしょうか?
実際、仕事はまだまだあるようですね・・・


2階の吹き抜けホールもあらかた出来上がっています。

現場のカメラはこれで広角いっぱいいっぱいなので
分かりづらいですが、とりあえず雰囲気だけでもと。
ご主人のデスクカウンターも出来ていました。

3.5mの長さを持つ杉のカウンターは、十分な迫力があります。
こんな長いカウンターだとどんな使い方をするのだろう?
さまざまな本を開いて順に並べるのか、
PCコーナーやプリンター、読書、物書きなどブロックで分けるのか、
あれこれ想像してみることが楽しいんですよ。
ちなみに一番奥に見えるスリットは、カウンター下のコンセントに
繋がっています。
PC用にと考えています。
最後は外観を少しだけ。

和室前の外構が少しだけ出来上がりつつありますね。
出入り口の開口部前には、ぐるりと長い濡れ縁が出来ます。
たたき土間も植樹もこれからで、完成するのが楽しみ。
21日は完成見学会です。
どのあたりまで出来ているかは・・・楽しみにしておきます。

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら