実家をリフォームして子世帯が暮らす家 第1回

 

現在設計を進めていますこの住まいは、実家のリフォームです。

築30年ほどの鉄骨造ですが、現在お住まいの御両親が仕事場兼
住宅へ移ることで、この家を娘さん夫婦の暮らし易い住空間へと
リフォームするという計画です。

こういったケースは今後増えてゆくと思います。
と言うのは、建物の空間を一番必要とするのは子供たちが成長過程
の時期に集中します。

子供たちが成長して巣立ってゆくと、家の中は夫婦二人に戻ります。
広い家ですとその空間は二人にとって大きすぎる空間になります。
ダダ広い住まいに住人は二人きり。 なんてことに。

そんな時、親世帯が小さな住まいへ移り、広さを必要とする子世帯に
住まいを譲り、この家を子世帯の暮らしにあわせた住空間へと
リフォームする。

今回はそのような計画のリフォームになります。

現在の住まいはお掃除好きの奥様の為、大変綺麗に使われています。
築30年とは思えないくらいです。

nanomachi.co.ltd waka5561ss

もったいないと言えばそうですが、住み手が変わることで住まいの
空間に求められる条件が変わるもの。

今回の計画は、LDKを一つの大きな空間にすることと、そして
現在北側にあるリビングを南向きへ移動するという大きな変更になります。

nanomachi.co.ltd

 

外観も今回大きく変わります。
新築されたのが30年前ですので、当時は断熱性や気密性が特に
求められることはありませんでした。

ですので今回は現在の外壁の外側で断熱を施すとともに、仕上げも
変える計画です。
外壁周りは少なくとも今後20~30年はメンテナンスをミニマムに
する為の工事も今回の計画に入っています。

また、南向きの深い庇を新しく設置する点もポイントです。
南から入り込んでくる日差しと雨を除けるための対策です。

今後、順に御紹介させていただきます。

浅野勝義/奈の町

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

家ができるまで。
作品集
愉しみ

アーカイブ

カテゴリ一覧

Top