奈良の建築家 浅野勝義の家づくりBLOG

家具関係が揃ってきました

 
それぞれの個性を大切にして家族が快適に暮らす家
この記事を書いている人 - WRITER -

それぞれの個性を大切にして家族が快適に暮らす家


現場に伺うと、家具屋さんが来てキッチンの前板を取り付けに来てくれていました。

この紹介も兼ねて
今回は、家具の紹介や、ディテールのご紹介を少ししたいと思います。

一般住宅ではこういった家具や細工・加工は含まれていません。
注文すると結構な費用の見積もりが出て来ると思いますのでご注意下さいね。

それぞれの個性を大切にして家族が快適に暮らす家
オリジナルロフト梯子

ロフトに上がる梯子です。

それぞれの個性を大切にして家族が快適に暮らす家
全て無垢材で造られています。

設計は私ですが、その図面を基に制作するのは結構大変だったようでした。

貫通する丸棒も全て無垢で作られており、丸棒も両サイド端部が少し細くなっています。  
また、つかまって登る際に棒がクルクル回ると危ないので、回転防止も対処
していますョ。

私が登ってみましたが、大人でも歪むことなく安心して登れます。
流石、家具職人さんですね。

それぞれの個性を大切にして家族が快適に暮らす家
タモ無垢板のキッチン

美しい木目が分かるでしょうか。
上部の5枚の板は木目が繋がっています。

隣りのパネル同士の模様が繋がっているという事は、1枚の無垢板から
切り出したものであると言う事ですね。

引手部分もオリジナルデザインで、背面にある食器収納と全く同デザインで
造られています。


それぞれの個性を大切にして家族が快適に暮らす家
玄関にある連子格子

以前にもアップしていましたヒノキの連子格子です。

光の当たり方で綺麗な影が出来ていますね。
きちんと天板に埋め込まれているのが綺麗です。

それぞれの個性を大切にして家族が快適に暮らす家
オリジナルダイニングベンチ

一度でも事務所に来られた方はご存知だと思いますが、
奈の町のダイニングベンチです。
マットの長さは2580mm、厚さは90mmあります。

最近はご希望もあってこのベンチを造る事が多くなりました。
座面の高さやソファの厚さ、柔らかさなどを毎回決めて制作します。

月末にはいつものダイニングテーブルが搬入される予定ですので、
納まればもっと落ち着くでしょう。(照明もオリジナルペンダント)


それぞれの個性を大切にして家族が快適に暮らす家
2階ホールのファミリーデスク

この住まいは、2階ホールに家族のデスクも制作していただきました。
浮いてる感じのデスクです。(ちゃんと落下防止付いていますよ)

後ろの壁がオープンなので、天板に荷重がかかった際の工夫が大変だったようです。
監督さん、ありがとうございます。

また今回は、何時もの玄関ドアの引手も組み合わせもちょっと変えてみました。

手すりや玄関ベンチ、鏡なども全部制作して頂くので、考えてみると、
うちの設計する住まいは工務店さん泣かせですね。

昔、ある工務店の社長さんが
「加工屋さんが手すりの加工を出来ないと言って断ってきました。
これって手加工ですか?」
って、困ってられたのを思い出します。

今はもうそのレベルじゃないです。(^^;
そう考えると、毎度のことながらホントご迷惑掛けています。


近日、引き渡しです。



浅野勝義/奈の町

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です