浅野勝義[一級建築士・宅地建物取引士・2級FP技能士]が住宅設計30年100件以上のスキルや経験を、建築や不動産、資金計画など発信しています。バイヤーズエージェントとしても活躍中!

寒くなりました。気が付くと季節はもう秋。

浅野勝義
WRITER
 
nanomachi.co.ltd
この記事を書いている人 - WRITER -
浅野勝義
詳しいプロフィールはこちら

 気が付くと、季節は秋になってしまいました。
あの暑い夏は過ぎてしまったんですね。

上棟式の日は暑かったー!!

 

11月も半ばに入り、現場は終盤になってきています。

上棟式からの経緯を簡単に説明しますと、
耐力壁などの耐震補強と金物を取り付けた後は、構造の検査になります。
床の水平構面に使う合板は、建て方時に張り上げられています。
もちろん2階の床や小屋も同じです。

nanomachi.co.ltd
nanomachi.co.ltd
nanomachi.co.ltd

次に外壁面に電気関係の配線を済ませてから断熱材(セルロースファイバー)を
吹き込みました。

nanomachi.co.ltd
nanomachi.co.ltd

給排水や電気周りの配線が済むと、壁周りの下地に取り掛かります。
今回の壁下地に使うボードは、H2700サイズのものをつかいます。
2700サイズを使うと、床から梁まで一枚で張り上げることが出来ますので
壁の継手が少なくなります。

建物内部も順調に進みます。 床の下地が出来上がると床フローリングを張り、
次に壁下地関係が 出来上がり、天井の下地もできてきます。

張られたフローリングの一部nanomachi.co.ltd

写真は、キッチンが入る前のカウンターを取り付けているところ。

nanoamchi.co.ltd

nanomachi.co.ltd

 

その後、オーダーキッチンの会社の担当者とキッチン周りの詳細を確定して発注。
翌日、制作キッチンの家具を各業者と確認して発注。
もちろんその他の家具も 同様に打合せします。

今月初めにはキッチンの天板も設置されました。

吹き抜けの上部もこの通り。

nanomachi.co.ltd

階段も先日取り付けられました。 この階段は有効幅1000mmあります。
有効1000mmは、ちょっと広すぎて逆に違和感がありますね(汗)

nanomachi.co.ltd

外部の仕上も出来上がってきました。
最終的には面格子が入りますが、やはり和テイストですね。

nanomachi.co.ltd
建物は一応今月末で完了予定。
完了検査後は、デッキ・アプローチなどの外構工事になります。

 

内装が仕上がり始めましたら、またアップしますね。

 

 

 

 

株式会社 奈の町
この記事を書いている人 - WRITER -
浅野勝義
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です