奈良の建築家 浅野勝義の家づくりBLOG

小雨の上棟

 
この記事を書いている人 - WRITER -

朝から今にも泣きそうな空を見て、
「降らなきゃいいんだけど…」という期待もむなしく
シトシトと雨の降る中、今日、棟上げを行いました。
雨は降るものの気温は暖かいので寒さはそう感じない
作業だったのではないでしょうか。
小屋組みの上に立つと、田んぼの向こうに見える
高田川の桜並木が美しく並んでいます。
この景色、いつでも登って見ることができると良いのですが…




私が午後二時半を過ぎて現場へ伺った際は、既に軸組みが
組みあがった状態で、屋根仕舞いで必要な垂木をクレーンで
運び上げている最中でした。




全体は既にシートで覆われており、全景を見ることは
できませんが、骨組みはしっかり作られているのが
近くで見ただけで分かります。
それと木の匂いがイイですね。

写真は一階部分



二階部分



御幣




今回は上棟ですので清酒とゆず酒をしばって献上させて頂きました。
このゆず酒、今までも女性陣に好評でしたが、住まい手の奥さんは
御出産の事もあって二年は禁酒なんですって。
明日から垂木を流して屋根仕舞いが始まります。
天気も持ち直すとのことですし、大工さんケガなど気をつけて
宜しくお願いしますね。

この記事を書いている人 - WRITER -