奈良の建築家 浅野勝義の家づくりBLOG

屋根仕舞をおえました

 
この記事を書いている人 - WRITER -

傾斜地に建つ家
現在は棟上げから屋根の仕舞を終えています。
これは監理の前に畑向かいの道路から撮った写真です。

建物が斜面の敷地にはまりこんだ様子が
よく分かりますね。
もちろん、これは当初の計画通りですよ(笑)
この斜面、上の道路から見るとかなり急で、
滑り落ちるとそのまま下の水路へ一直線
で落下します。 そのくらい急です。
写真で分かりますでしょうか?
こちら側から見ると、建物が緑の畑と
青空によく映えていますね。
構造体なのにバランスが取れていて
きれいだと思います。
しかしこの建物は、前面道路から見ると
平屋の建物としか認識できないのです。
面白いですね。
現在構造金物が大方取り付けられている
ところで、このあと構造面材が取り付けられると
中間検査となります。
さて、
今日から”一日に三件回るツアー”が始まります。
今からすごく楽しみです。

この記事を書いている人 - WRITER -