浅野勝義[一級建築士・宅地建物取引士・2級FP技能士]が住宅設計30年100件以上のスキルや経験を、建築や不動産、資金計画など発信しています。バイヤーズエージェントとしても活躍中!

屋根裏収納ハシゴが…

浅野勝義
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
浅野勝義
詳しいプロフィールはこちら
お菓子作りの家

2階寝室の天井に屋根裏収納のハシゴが取り付けられて
いました。




天井には杉を張っているのですが、その中にあるハシゴユニット。
パッと見てもそんなに存在感がないんですよ。
存在感や違和感が無いというのはすごい事なんです。
その理由は大工さんのこだわりにありました。


一つ目はユニットの周りにある枠、次の写真にある
白く見える部分を見てください。




内側は白く、外側は木で出来ているのが分かりますか?
ユニットではこのどちらも白い樹脂で出来ています。
天井が杉なら枠も揃えた方が良いだろうと、わざわざ
製作してくれました。
しかし内側は一体になっていたので出来なかったのだとか。
こんな目立たない大工のこだわり仕事、イイと思いません?
二つ目は、貼られている天井板が一本通っているのが
分かりますか?
扉の部分の柄が変わっていると違和感があるとのことで
同じ取材とその位置に嵌めこまれています。
仕上がりを見て違和感の無いのが良い仕事なんです。
いい仕事をみるのは気持ちいいです。
この写真は階段手すりの墨付け。



奈の町の手すりは曲面が複雑に加工されています。
こちらの工務店ではその加工を大工さんの手で行います。
他の工務店ではその殆どが加工業者に出しますが、手の加工
のほうがしっくり手に馴染むのは不思議。
折り曲げのポイントも二本がピッタリと合っています。
吹き抜けの天井



壁にボードを貼ってしまっていますが、つい先ほどまで天井の
ラインを確認していたところです。
柔らかいRを描いて天井板を張って頂くことにしました。
これもまた楽しみの一つです。
写っているのは監督さんと大工さん。
外壁材のそとん壁



外壁はそとんを使っています。
袋は60本余りと聞きました。
仕上がるのはあと一息ですね

株式会社 奈の町
この記事を書いている人 - WRITER -
浅野勝義
詳しいプロフィールはこちら