浅野勝義[一級建築士・宅地建物取引士・2級FP技能士]が30年100件以上のスキルや経験を、住まいの選択でお悩みの方へ、建築や不動産、資金計画など幅広く発信しているblogです。

工事が始まりました

浅野勝義
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
浅野勝義
詳しいプロフィールはこちら
奈良町の家

奈良町で古民家の改装(新装?)と、中庭の奥に新築の快適な住まいを
建てる工事が始まりました。
この建物は現在まで何度も改装をされた証明でもある御幣が
二階の納戸に何本も立て掛けられています。
見た限りの一番古いものとして昭和10年と墨で書かれた御幣が
ありました。 実際は100年程は経っているでしょうか。

この母屋、建物としてはかなりきっちりとつくられていて、部分的には
崩れているものの、構造的には見た目よりずっとしっかりしています。
出来るだけいじらないで綺麗にして残します。
中庭の奥にある離れは一間だけで出来た小さな建物で、時代的には
かなり新しいもの(と言っても30~40年程度は経ってるでしょうか)。
この建物を撤去して、新しい住まいを建てるのが今回の目的。
敷地は奥へ長く、離れの北側には広い空地があります。


奥の空地から見た様子。 手前の建物が撤去予定の部分。

文化財の立ち会いも済ませ、離れ部分を撤去しました。

近づいてみると中庭の灯籠や大きな梅の木が見えます。

この梅の木は建築当初からあったと想像していて、植木屋さん
は、100年以上経ってるだろうとのこと。
既に幹は二階の軒を越し、花は二階で咲くという状態なので、
私もこの樹が梅だと気づくのに花が咲くまで気づきませんでした。
もちろん中庭もきちんと改装して、美しい中庭へとリニューアル
します。
ブルーシートが被っているのは、渡り廊下部分です。
中庭を愛でて奥の間に渡る開放廊下ですね。
この建物部分は屋根が大変傷んでいるので改修をします。
と言っても構造体は全くそのままで、”綺麗にする”のが今回の
目的です。
古民家である母屋(今回は離れになる訳ですが)も同様で、
傷んだり汚れたりしたものを以前の姿に戻すのが目的の一つ
でもあるのです。

株式会社 奈の町
コンサルティング まだ住宅の選択でお悩みの方はこちら 家を建てるか、中古住宅を買うか、親の敷地に住むなど

コンサルティング 窓口

住宅設計 「建築家 浅野勝義」とつくる、和テイストの家をご検討中の方はこちら

住宅設計 窓口

不動産サービス 家を建てる為の土地や中古住宅購入が不安な方はこちら

不動産サービス 窓口

この記事を書いている人 - WRITER -
浅野勝義
詳しいプロフィールはこちら