奈良の建築家 浅野勝義の家づくりBLOG

手刻み完了

 
この記事を書いている人 - WRITER -
隠れ家のある家

工場で刻みが終わったとお聞きしましたので、チョイと
お邪魔しに行ってきました。
と書くと見学だけの冷やかしみたいですかね(笑)。
ちゃんと目的は軒先関係の原寸収まりの確認もありますし、
仕口関係の仕事を見せて頂くってのもありますから。
では、まず柱から




真ん中辺りは土台
上下は棟・母屋関係でしょうか。



梁は…? と、探しますと、


ありました。ありました。
工場の奥に積み上げられています。




アップで撮ってみました。
写真の左上や中央、右等に追っ掛け大栓継ぎの継ぎ手が見えます。
ヒノキの梁もありますね。



大工さんの手で加工する手刻みは、こういった複雑な加工を
することで、より一層、木と木がしっかりと繋がってくれ、
強くしなやかな家になるということです。
さて、明後日の10日は上棟。
前日からぼちぼち上げてゆくとの事ですから、住まい手さんには
じっくりと楽しんで見て欲しいと思っています。
当日、棟木を入れると言ってられましたので、いい思い出に
なると良いですね。
当日晴れるといいなぁ。

この記事を書いている人 - WRITER -