浅野勝義[一級建築士・宅地建物取引士・2級FP技能士]が住宅設計30年100件以上のスキルや経験を、建築や不動産、資金計画など発信しています。バイヤーズエージェントとしても活躍中!

断熱工事が進んでいます。

WRITER
 
nanomachi.co.ltd
この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

60代になって街で暮らす家

やっと梅雨らしい日が続いています。
雨がいつ降るのかと、皆さん思いましたよね。

これから本格的な梅雨とその後にあの夏がやってきます!
そして大嫌いな蚊も(笑)

そんな話はさて置いて、
現場は断熱工事へと進んでいます。

と言いますか、進行がすごく早いと感じています。
お聞きすると、大工さんは自宅でも作業を続けているらしく
現場は思いの外、進みが早いのだそう。

nanomachi.co.ltd

外壁のアミパネルの工事は既に終えています。

断熱やさんのトラックが前に止まり、荷台からセルロースの
袋を下して吹き込む作業中ですね。

nanomachi.co.ltd

セルロースはかっちり矩形の形をしていますが、
袋から出すとバラバラになります。

粉状になったものをエアポンプを通して壁の中へ
吹き込んでゆきます。

nanomachi.co.ltd

お兄さんはボサーっと立っているところでは無くて、
右手に持ったホースを壁に突き刺して、みっちりと
セルロースを吹き込んでいるところです。

よく見ると、壁のブロックで透明な所と不透明の所が
あるでしょ。

不透明な所が吹き込み終えたところ。
透明な所が空っぽでこれから詰める所です。

セルロースファイバーの断熱性能は、厚さ90mmで
断熱等級4が確保できています。(熱伝導率:0.040[W/(m・K)])
実際は、柱のサイズが120mmですので断熱厚さも120㎜になります。

nanomachi.co.ltd

屋根は厚さが変わります。
(※天井ではありません。天井の場合は160㎜になります)

指定寸法は185㎜ですが、現場は200㎜をゆうに超える厚さを
打ち込んでいます。

nanomachi.co.ltd

 

壁は既に充填が終了しています。

また、天井部分(上は屋根)にも断熱材が完了しています。

ちなみに床についての断熱は、基礎断熱工法を採用して
いますので、1階の床に直接断熱材を充填していません。

ところで、
古家を購入した際の建物ですが、この空間はほとんど真っ暗でした。
今はとっても明るい空間になっていますね。
実際はトップライトもありますので、以前とは見間違うほど明るいです。

 

nanomachi.co.ltd

 

奥へ細長い土地でしたので中庭を採った訳ですが、
この空間、とっても効果的です。

この辺りが出来上がってくるのが楽しみです。
ベンチソファもありますし。

 

 

そうそう、
話は変わります。

コーヒーのこだわりですが、ミルが挽く豆のサイズが
いつも不安定でしたので、とうとう新しいコーヒーミルを
手に入れました。

これ、注文してから手に入るまで1か月以上かかりました。

で、その値打ちあります。

 

nanomachi.co.ltd

コーヒーミル

均等な大きさに豆を挽いてくれるので、コーヒーがとっても
マイルドになりました。

美味しい。

 

浅野勝義/奈の町

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です