浅野勝義[一級建築士・宅地建物取引士・2級FP技能士]が住宅設計30年100件以上のスキルや経験を、建築や不動産、資金計画など発信しています。バイヤーズエージェントとしても活躍中!

木軸の金物検査を行いました。

浅野勝義
WRITER
 
nanomachi.co.ltd
この記事を書いている人 - WRITER -
浅野勝義
詳しいプロフィールはこちら
nanomachi.co.ltd

窓から見える景色

 

 

外はカンカン照りの日差しが照り付けていて、外を歩くのには
とっても体力のいる昨今、皆さんはバテテいませんか?

現場は雨仕舞が済み、屋根の下で作業が進んでいます。

現地にいると、あ、いや、屋根の下にいるとが正確ですが、
とっても気持ち良い風が通り抜けてくれます。
建物の中にいる限り、暑さを忘れる一時です。

 

nanomachi.co.ltd

 

さて、今回(先週と今週)は木軸の確認が主な仕事になります。

梁関係が繋がる羽子板ボルトの頭(溝)の出をチェックし、外部面に面する
ボルト分の梁欠き部に注入しているウレタンの断熱材を確認、そして、
筋交いと柱梁を繋ぐ金物などの金物検査を行いました。

 

nanomachi.co.ltd

この日は金物が未取り付けでした

 

1階も2階も順に廻り、結果は特に支障なしと言う判断となりました。
筋交いは、ビスの数とその位置を確認。

屋根はルーフィング部の重ね代と立ち上げ寸法の確認。

 

nanomachi.co.ltd

 

特に2階の居室から見える景色が最高!

遠い山の景色が一望できる、この景色がオーナーさんの大のお気に入り。

 

nanomachi.co.ltd

 

この窓は、庇のずっと奥に取り付け、開口全体にガラスが入ります。

また、庇の深さは、西日対策でもあります。

 

nanomachi.co.ltd

 

大開口の屋内側から見ているところ。

窓の手前は吹き抜けになっていますので、廻り込んできた光が
柔らかく下の廊下へと導かれます。

 

nanomachi.co.ltd

 

1階宿泊室部分。

ここに宿泊する妊婦さんは、この景色を見ながら出産の準備に掛かって頂きます。
とっても気持ち良い景色が気持ちを和ませてくれると思います。

扉を開けて外に出ることが出来、そこにはデッキを設けました。
外に出て気持ち良い景色と空気を愉しんでください。

 

nanomachi.co.ltd

 

ここは、事務室になります。

窓から見える景色はとってもいいですね~。
ああ、宿泊室もここもそうですが、この後ちゃんと深い庇が取り付けられますので、
日差しも暑さも雨も回避できるようになっています。

 

これから外壁の下地が取り付けられてゆきます。

壁下地が張られると、現状より明るさは無くなりますが、心配はありません。
十分な明るさは確保していますので。

 

では、また次回にこの続きを書かせて頂きます。

 

浅野勝義/奈の町

 

 

 

 

 

株式会社 奈の町
この記事を書いている人 - WRITER -
浅野勝義
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です