奈良の建築家 浅野勝義の家づくりBLOG

木軸検査を終えました

 
この記事を書いている人 - WRITER -

春爛漫ですね。
あちこちで桜が満開になっています。

こんな天気が良いので写真を撮りに行きたいですね。

趣味のページに先日撮りました今年の桜をアップしました。
良かったら見てください。

 

さて、現場です。

上棟を終えてから外部の合板張りと内部の金物取り付けが始まりました。
各柱・梁毎に指定のある金物を取り付けてゆきます。

また今回は、殆ど真四角な建物なので、構造計算を行いましたが筋交いは
1箇所も必要ないという結果になりました。

写真は基礎周り 土台、大引き、合板(GLより1Mまで)に柿渋と弁柄を塗っているところ。

IMG_1400s

 

中間検査の為、検査員の方がチェックされています。

IMG_1392s

 

天井下地です。 太い左右の材は母屋、その直交している少し細い材が垂木、
更に直交している細い材が断熱材のシートを止める胴縁です。

その空間に入れる断熱材の充填厚さは185mm(現場は200mm)の空間があります。

IMG_1403s
天井を見上げたところ
ここは吹き抜けになります。

次回は断熱材が吹き込まれたところをアップの予定です。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です