浅野勝義[一級建築士・宅地建物取引士・2級FP技能士]が住宅設計30年100件以上のスキルや経験を、建築や不動産、資金計画など発信しています。バイヤーズエージェントとしても活躍中!

杭工事を行いました。

WRITER
 
nanomachi.co.ltd
この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

助産院カンガルーホーム新築工事

 

現場は、杭工事が始まりました。

 

nanomachi.co.ltd

 

改良杭ですが、杭の深さは地盤調査により決めていて、2.0m~4.25mと様々です。
位置によって地層の特徴が変わるのでそれに合わせて変更します。

杭頭の処理

 

nanomachi.co.ltd

この平面の部分が杭の天端になります。

ここから+50mmの位置が基礎の底板高さで、間には栗石が敷き込まれます。

基礎の形状の違いで、杭頭の高さも変わりますので、その調整も大切です。

 

杭の本数は、総37本でした。

 

nanomnachi.co.ltd

 

次は基礎配筋の検査になります。

 

 

 

 

 

株式会社 奈の町
この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です