浅野勝義[一級建築士・宅地建物取引士・2級FP技能士]が住宅設計30年100件以上のスキルや経験を、建築や不動産、資金計画など発信しています。バイヤーズエージェントとしても活躍中!

現場監理(リフォーム)

浅野勝義
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
浅野勝義
詳しいプロフィールはこちら
薪ストーブを囲んでゆっくり暮らす家

1期工事が終了。
子供さんたちの部屋移動を終えてから・・・
これが本番の「本丸工事」へと取り掛かります。
その前にちょっとだけ。
1階にある御主人の部屋が終わりましたので一部を公開します。
当日は広角レンズを持っていなかったので、全体がよくわかりませんが
それはそれでイイでしょう。




障子の桟も着色しています。
同時に和紙にも摺りこまれていますね。
お茶目な大工さんです(笑)


(張り替えますよ)


さて、
本丸となるリビングダイニングキッチンです。
今まではほんの小手調べ。
1階の解体が始まりました。




やはりこの部分は二棟建つ建物の間をリフォームで継ぎ足した
事もあって、梁の掛け方に問題があったり、梁補強か効いていない
取り付けがあったりと悩ましい部分が分かりました。

住まい手さんに状況を説明をしている工務店の社長さん




解体して分かった事ですが、土壁を含む荷重の流れが悪いので、
梁の掛け替えをすることになりました。
予算外として梁の材料代と手間賃の負担となってしまいました。
1階のリビングに明りを取り込むため、二階の床を抜きます。

フローリングの一部を取り外したところ。




これだけの開口部でも一階がグッと明るくなりました。

二階の天井を取り外したところ。




天井の半分に断熱材がありましたが、あとの半分には断熱材が
入っていないことが気になって、大工さんに解体時に断熱材も
取り外したのか聞いてみると…
初めから入っていなかったのだとか。
そりゃぁ、こちらの部屋はさぞかし暑かった事でしょうね。
解体してみるといろんな事が分かります。
今回の断熱材は、当初から入っていないものと考えていましたから
ちゃんと対処はしていますので気にしていません。

株式会社 奈の町
この記事を書いている人 - WRITER -
浅野勝義
詳しいプロフィールはこちら