奈良の建築家 浅野勝義の家づくりBLOG

現場監理(加工場にて)

 
この記事を書いている人 - WRITER -
隠れ家のある家

先日、手刻みの加工場に伺ってきました。
工場の中に大黒柱もあり、見せて頂きました。

8寸角のヒノキ

赤身の色合いが美しいピンク色で、見ていると思わず
「うーん。」と唸らせてしまう説得力があります。
直径は38cm。樹齢100年は過ぎているだろう年輪の細かさに感心しました。
この娘さんは室生産のヒノキだとのこと。


この日はちょうど土台の墨付け中で、大工さんとの下打ち合わせ
も兼ねてちょっとした雑談も。

土台ヒノキの含水率を調べて頂きました。
その数値は、20~25%。全て自然乾燥。
柱も見せて頂いてこれも含水率を確認します。
結果はほぼ20%。
中には25%程度の物もありました。
まあ、自然乾燥材としては合格、ですね。
(ちなみに機械乾燥は20%ですよ)
加工場にて

次週は鉄筋の配筋検査になります。

この記事を書いている人 - WRITER -