奈良の建築家 浅野勝義の家づくりBLOG

足場がとれ、製作家具が出来始めています。

 
平屋暮らしを愉しむ家
この記事を書いている人 - WRITER -

現場は完成に近づいています。

 

この日は、大きな変化として外部足場が取れました。
外観

 

平屋の住まいと言うのは、周りの住宅と比べて圧迫感が無く、
落ち着いた雰囲気が感じられます。

さて、内部は壁の下地も終え、家具類の製作が始まりました。

キッチン収納

キッチン収納

いつもの引き出し食器収納です。

制作途中ですので一つ一つが現場で製作、加工、取り付けされて
いるのがわかります。

引き手も奈の町オリジナルです。

引手加工

全て大工さんの手づくりです。
(と言うか、加工やさんでは出来ないそうです)

この形に決まるまで、私の手書きスケッチを基にヒノキで試作品を
作ってもらい、決定後はこのデザインに統一しました。
奈の町最新のデザイン引手です。

キッチンも製作です。

制作キッチン

天板はまだ出来ていませんが、ベース台は大方出来上がってきました。

ちなみに このキッチンのカウンター高さは970㎜で製作しています。

一般よりずっと高く作られていますね。
というか、今までのキッチンの高さの巾が狭かっただけなんですよね。

住まい手さんの慎重に合わせた高さで制作すればよいだけ。
全て製作だといくらでも出来るわけですから。

キッチンの奥には御夫婦の作業場(憩いのスペース)があります。
ここはPCだけでなく、家事や趣味のスペースとなります。

こんな空間です。
仲良し夫婦の憩いのスペース

私はここを(密かに)、”仲良し夫婦の憩いのスペース”と呼んでいます。
ここは少しばかり遊びも作りました。
それはまた機会のあるときに御紹介しますね。

 

リビングの大空間。

リピンク゛

ここは広いデッキに繋がるリビングダイニングです。
奥にはオープン棚などが見えます。

この住まいの大きな特徴として、家事などの動線にこだわっています。
そしてグルグルと周ることが出来ます。
水平方向も、垂直方向へも。

まだこれではイメージが掴めませんよね。
完成すればそれも良く分かると思います。
いや、見てみないと分からないでしょうね。

リビングの網戸兼雨戸です。
通風雨戸

大開口に組み込んだ雨戸と網戸兼用の建具です。
鍵を閉めれば風が通り抜けるので、夜も安心して寝る事が出来ます。

 

このあとは内装仕上げを済ませて洗いを掛ければ完成です。

 

さて、次回の紹介は完成内覧になります。

お楽しみに。

PS
8月の9日に完成見学会を行う事となりました。
資料請求頂いた方へご案内を発送させて頂きます。
ご参加お待ちしています。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です