浅野勝義[一級建築士・宅地建物取引士・2級FP技能士]が30年100件以上のスキルや経験を、住まいの選択でお悩みの方へ、建築や不動産、資金計画など幅広く発信しているblogです。

配筋検査に伺いました

浅野勝義
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
浅野勝義
詳しいプロフィールはこちら
多目的室のある家

朝、寒くなりましたね~
暖かい布団から出るのには、ちょっとした勇気が要ります。
6時半前だとまだ少し暗いじゃないですか。
この先、冬になるのが怖い・・・です。
現場の並木は紅葉も終わりに近づき、半分以上は葉が無くなっていました。




さて、
基礎の配筋検査です。


私が伺う日の前日にJIOの検査は済まされているとお聞きしました。
保険会社の検査が合格したからといって、私の検査なくしてOKという訳には
いきませんわね(笑)







現場は大変綺麗に配筋されていました。
フーチング頂部のフックを含め、上端筋は真っ直ぐに通っており、
開口補強もしっかりと行われています。
底盤に丸い型が見えていると思います。
これは杭頭が見えているのです。
この上にコンクリートを打設しますが、杭頭との間には防湿フィルムが二重に
敷き込まれており、基礎と分離されています。
いつも通り検査項目のかぶりはしっかりと取られています。



鉄筋のピッチもこの通り。
(赤い文字が10cm毎の表示です)



基礎に接してスロープを設置する為に、コンクリート継ぎ目から漏水を
止める為のに止水板もきちんと設置されています。



通りがスッと通っていて大変美しい配筋でした。(見た目も大切なポイントですよ)
検査は合格です。
次回は立ち上がりの検査になります。

株式会社 奈の町
コンサルティング まだ住宅の選択でお悩みの方はこちら 家を建てるか、中古住宅を買うか、親の敷地に住むなど

コンサルティング 窓口

住宅設計 「建築家 浅野勝義」とつくる、和テイストの家をご検討中の方はこちら

住宅設計 窓口

不動産サービス 家を建てる為の土地や中古住宅購入が不安な方はこちら

不動産サービス 窓口

この記事を書いている人 - WRITER -
浅野勝義
詳しいプロフィールはこちら