奈良の建築家 浅野勝義の家づくりBLOG

青天の現場監理でしたが

 
この記事を書いている人 - WRITER -

今回も監理ブログです。
この監理ブログは、近くにお住まいでない住まい手さんへ
現場を見て頂くつもりで書いています。
住まい手さんから楽しみにして頂いていると聞きまして、
こりゃ頑張らねばと。
朝、真っ青な南の空に綺麗な雲が掛かっていましたので撮って
みました。 北の空には長いラインの雲もありましたよ。




現場は毎週少しづつ進んでいます。
今日はタコが天井に張り付いています。





あちらこちらに広がるダクトは集中換気のもの。
この写真はその本体で、家の中のあちこちから室内の不要な
空気を吸い込み、集中して排気します。
この機械一台で十分すぎる能力を持っていますが、普段稼働して
いる事はほとんど感じられません。
普段の部屋の中は、ほとんど音がしないほど静かなのです。



これは和室の窓。
正面の道路に面する窓はこの窓以外ほとんどありません。
小さいのですが、、、大変面白い窓なのです。
完成を楽しみにして下さい。
二階は天井の下地がほぼ出来ていました。
またね間仕切りも大かた出来ていますので、空間の広さが
良く分かります。



部屋の中にポツンと大工さんの作業台がありました。
この作業台は構造べニアで出来ており、簡単な切り込みで
組み立てることができ、軽く持ち運びや解体も簡単。
機能的に優れている一品だと常々思っているのです。



この台を上部で固定する桟木もあります。
45°で切り込みが入れられており、十字にかみ合わせたべニアの
上に噛ませるだけでしっかり固定できるもの。
いいですねぇ。 個人的にこういうの、大好きです。
打ち合わせに参加されている奥さんとの話の中で、洗濯物干し
金物について、タイプを変更しようという事になりました。
取り付け位置の決定は物干しパイプの長さにも関係しますので、
次回までにはその確認をお願いしました。



玄関前に焼き杉がありましたのをみて、監督さんが現物確認を
するために封を切って見せてくれました。
真黒に焼けた杉の色合いもOK。
今回厚さは15mmという厚板です。
工務店さんがグレードアップしてくれましたものです。

現場の帰り、少し曇りがちの大池です。




やっぱりいいですねー。
こんなに近くに住めるなんて、羨ましい限りです。

この記事を書いている人 - WRITER -