浅野勝義[一級建築士・宅地建物取引士・2級FP技能士]が住宅設計30年100件以上のスキルや経験を、建築や不動産、資金計画など発信しています。バイヤーズエージェントとしても活躍中!

2階から上の断熱工事

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

いつも現場に行く際に通る高田川の堤防にある桜並木の桜は
あちこちで桜吹雪が舞っていて、写真を撮ると花びらは少なく
なっていて、緑の葉が多くなっていました。
お昼には堤防に座って食事している風景もありましたよ。




現場は少し外観も変わってきています。
木摺の上にラス張りだったのが、今回はモルタルの下塗りが
されていました。


玄関ポーチでは左官屋さんが下塗りを塗っています。




アプローチ沿いには面白いものが付いていました。
これなんだと思います?



ヒントは、いつも製作しているものなの。
いつもながら監督さんと私が話し合って、といいますか私は
「こんな感じでどうですか?」
という抽象的な要望だけで監督さんが製作してくれるもの。
毎回スゴイのが出来るんですよ。
はい、ポストですね。
今回も面白そうなものが出来そう。
もう一つ、
この水曜日に断熱材(セルロースファイバー)の吹込みがありました。
工事は二回に分けています。
今回は2階部以上で、次回は1階の壁・天井になります。
吹き込みの済んだ2階の壁



屋根裏部



今回の屋根裏吹き込み厚さは200mmでした。
また、端部三角部分は全て充填です。
屋根裏広いでしょう?
これ全部収納です。
ちなみに下の写真は2階のお手洗いです。



壁のぐるりをセルロースで囲まれています。
これは暑さ・寒さ対策ではありません、音への配慮用。
廊下に音が漏れると落ち着いてお手洗いに入ってられないでしょ?
当然扉の中にも吸音材が充填されています。
これで安心。
こんなことをお手洗いに求めるのは私だけ…?

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら