【60代になって街で暮らす家】完成内覧第1回

60代になって街で暮らす家

nanomachi.co.ltd

 

 

奈良市で建築工事を行っておりました現場が完成しましたので
内覧紹介をさせてい叩こうと思います。

この住まいは、ご夫婦2人が田舎風景の中にある住まいから
街に住み、生活のし易さと暮らしを愉しむために建てた住まいです。

本来の目的である高齢のご夫婦としても暮らせる住まいとして、
基本的に平屋で暮らせるようにすべて配慮して計画しています。

玄関の上がり口ですが、現在は階段を登って玄関へ入りますが、
将来は車いすが必要な際にスロープを設置できるように考えています。

 

nanomachi.co.ltd

(外観は植樹が植栽されてからアップさせて頂きたいと思います)

 

道路からは駐車場の他は、住まいの中心に格子戸だけが見えるデザインです。

当然ここが玄関なのですが、ここからは中がうかがい知ることが出来ない様に
設計しました。

と言うのも、ここは住宅街の中に入り込み、道路の幅も狭いのですが、
道路沿いに建物がゆったりと後退して建っているので、とっても明るい街並み
が感じられる通りで、人の往来もかなりある場所です。

玄関ドアを開けると家の中が見える設計は避けたかったので、玄関ポーチで
視線を逸らすように創りました。

 

nanomachi.co.ltd

格子戸の中、ポーチの様子

玄関から見た様子。

外からは見えなかったのですが、内側のポーチ側は外の様子が
とってもよく分かります。

右手の扉は玄関ドアではなく、外部倉庫のドアですね。

外から格子戸を開けるとこんな感じです。

nanomachi.co.ltd玄関ドアを開けていても中は一部しか見えません

玄関の中にベンチが見えますね。

ベンチは腰を掛けたり、靴を履いたりする際に使われます。

 

nanomachi.co.ltd玄関ホールの様子です。

 

ここは住まい手さんのご希望で、広い玄関を設計しました。
玄関ホールには様々な場所に収納があります。

 

nanomachi.co.ltdホールに隣接しているお手洗い

壁のタイルは住まい手さんが自ら探して選んでこられました。
こだわりをつくるためにはそういうことも可能です。

 

これからLDKへと入ります。

 

nanomachi.co.ltd

廊下を抜けると明るい空間に出ます。

撤去した以前の建物は、奥行の長い敷地に長い建物が建っており、
中の部屋は明かりの入らない真っ暗な部屋でした。

敷地の形状が間口が狭く、奥行の深い土地ですからどうしても
長ぼそい建物になり易く、当初は小さかった建物の後ろに増築を
繰り返すと住空間としてはとっても息苦しくなります。

暗くじめじめしていた空間から、大きく変化をするように変えてみました。

 

nanomachi.co.ltd

中庭スペースが隣接するダイニング・キッチン

 

キッチンはオーダーで制作しました。

nanomachi.co.ltd

 

収納引き出しを開けると・・・

nanomachi.co.ltd

勿論、ダイニングカウンターの下にもたっぷりの食器収納があります。

nanomachi.co.ltd

引き出しを開けますと・・・たっぷりの収納が。

nanomachi.co.ltd

 

 

1回目はこの辺りで。

 

次回は家具廻りをご紹介します。

浅野勝義/奈の町

 

 

 

 

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

家ができるまで。
作品集
愉しみ

アーカイブ

カテゴリ一覧

Top