「土地を分割して建て替える家」とは?

仮)土地を分割して建て替える家

nanomachi.co.ltd

 

奈の町が現在取り組んでいる住まいについて、少しご紹介したいと思います。

 

そのお住まいは、タイトルにあります

「土地を分割して建て替える家」です。

 

奈良ではそう驚くことは無いのですが、大阪の羽曳野で200坪

の敷地と言えばかなり広いのではないでしょうか。

本件はこの敷地を分割して売却し、住まいを建て替えると言う計画です。

 

一般的に広い土地を望まれる方は多いのですが、実は敷地が大きい

と言う事は管理する面積も広いと言う事で、庭の手入れもとっても

手間がかかります。 おまけに建物も広いのです。

 

お話しのあらましはこうです。

大阪にお住いの住まい手さんなのですが、現在の住まいがとっても

広いにも拘らず実際には2部屋ほどしか使っていない。またその部屋は

北側で暗いのだそう。

その住まいを家族のライフスタイルに合わせた家に減築リフォーム又は

平屋で暮らし易く気持ち良い住まいにしたいとのご相談でした。

 

現在の住まいは築45年を経過しています。

建物は時間の経過による変化はあるものの大きな傷みがある訳

でもなく、とっても綺麗に使われています。

じゃあ何が問題かと言いますと、暮らし難い事です。

 

広過ぎる家、動線の悪さ、段差、冬の寒さ対策、そして今後来ると

言われている東・南海地震に対しての心配がありました。

新しい住まいに望む希望は、必要最小限の広さの平家で暮らし易い家、

そして地震に対する安心が住まい手さんのご要望でした。

 

現在の住まいを減築リフォームするか、建て替えるかは大きな決断では

ありますが、その為の予算を、広い敷地の一部を売却し、その予算を

当てようと言う住まい手さんのご希望で進める事となりました。

 

一部を転売することに際しては、ちゃんとした理由があります。

【広い家は、土地も建物も管理が大変】なのです。

草抜きに始まり、庭木の手入れ、除草に虫よけ、家の掃除に修理など

広い敷地と広い家はとっても手間が掛かるのです。

敷地や建物が減ると考えるより、管理する範囲を小さくすると考えれば

とっても明快に理屈が成り立ちますよね。

それに管理する人は時間と共に年を取ってゆくわけですから、今出来きて

いる事も将来できるというものではありませんから。

 

私が今回ブログに書きました住まいのテーマはあくまで(仮)であり、

住いの本当のテーマは別にあります。

仮)土地を分割して建て替える家はその経過であり、住まいは

ずっとここで暮らすことが愉しい家にしたいと思います。

 

現在プランが決まったところですので、今後、テーマを変えて

ブログの続きを書いて行こうと思います。

こちらの住まいも面白い家になりそうですよ。

お楽しみに。

 

浅野勝義/奈の町

 

転売する土地はこちらで詳しくご紹介しています。(左は直リンク)

『ナラスミカ』奈良の土地や中古住宅購入に役立つ”住まいの不動産マガジン”

大阪の藤井寺・羽曳野地区の方、是非見てください。

こちらのお住まいの道路面を広く取って分割しました。

大阪であるにも拘らずとっても緑が多く、静かな住宅地でで、

敷地の周辺が建物が少なく明るくて風通りの良い土地です。

朝から鴬(ウグイス)が鳴いている気持ち良い場所ですよ。

nanomachi.co.ltd

nanomachi.co.ltd

 

 

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

家ができるまで。
作品集
愉しみ

アーカイブ

カテゴリ一覧

Top