断熱工事を行いました。

高齢の母と穏やかに暮らす家

nanomachi.co.ltd

今回は断熱工事のご紹介です。

 

断熱材は新築でいつも採用しているセルロースファイバー
ですね。

乾式の吹き込み式で、デコスドライといいます。

 

壁の内側に白いブルーの線が入ったシートが張られています。

今回はこの中にセルロースを吹き込んでゆく工程になります。

 

吹き込む箇所は、外壁面すべてと屋根部分、基礎部分を除く

建物外周部と、室内の便所の壁(これは遮音の為)です。

 

nanomachi.co.ktd

各ブロック毎に小さな穴を空けて、そこからホースを

差し込んで、奥からどんどん吹き込んでゆく訳です。

吹き込み厚さですが、天井は185mm以上、壁は120mmと

指定していますが、天井は実際それ以上の厚さが吹き込まれて

います。(300mm近い場合もあります)

 

出来上がった様子はこんな感じです。

nanomachi.co.ltd

壁の中は柱の寸法分、120mmがパンパンに充填されて

いますので、沈んでくるなんて事もなく、隙間と言う

隙間にセルロースが充填されている訳です。

壁や天井が膨らんでいるのが分かりますでしょうか。

 

nanomachi.co.ltd

 

ここは浴室周りですね。

床には基礎断熱用の断熱材が張られていまして、

壁にはシートが張られていますね。

 

外部からの光で半透明になっていますので、今は

空洞である事がよくわかりますが、ここの中にも

セルロースがしっかりと充填されます。

勿論、外部に面する天井部分もです。

 

外部ではセルロースをホースへ送り出す作業の方が

圧入された袋から手で掻きだしてポンプのホッパへと

放り込んでいます。

nanomachi.co.ltd

 

このセルロースですが、トラックへ大量に積み込まれており、

次々と送り込まれている様は、ちょっと壮観ですよ。

 

nanomachi.co.ltd

 

次回は床の仕上げとなります。

 

浅野勝義/奈の町

2018_11_28

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

家ができるまで。
作品集
愉しみ

アーカイブ

カテゴリ一覧

Top