奈良の建築家 浅野勝義の家づくりBLOG

“丘陵公園の畔に建つ家”最終回。 2階へ上がりましょう

 
丘陵公園の畔に建つ家
この記事を書いている人 - WRITER -

 

今回で最終回となります。

まだ御紹介のしていない場所、と言いますと2階ですね。
ですので2階へ階段を上りましょう。

リビングに繋がっている階段を上りますと、180度回転する為の踊り場があります。

 

koryo5556Rs


ここは4方を建物で囲まれた空間ですが、すごく明るいでしょう?
実はトップライト・・・ではなく、上部に窓を設けました。
ここから入り込む明りは階段室を明るく照らしてくれるだけでなく、 すぐ近くにあるトイレへも明りを届けてくれるのです。

 

その階段の別視点がこれ。

階段

階段の上がったところに扉があり、その上にガラスが嵌め込まれているのが 分かりますか?

この中はお手洗いですが、ここから入ってくる明りが絶大な効果をもたらします。
この明りでトイレ内の天井杉板も映えるのです。

ところで、この写真でちょっと不思議な部分があるのがわかりますか?

それは正面のドアが、階段の段板より高い位置に取り付いているのです。
そこへどうやって入るのか?

…ですよね。

この扉の中は物置になっています。 タンスやアップライトピアノなども収納します。

なおの事そこへどうやって搬入するか?  ですよね。

こうします。

階段

この扉を倒して廊下とフラットにするのです。
こうすればスイスイと搬入可能なわけですね(笑)

階段

ほらね、物置と廊下の床がフラットになりました。

ちなみにその物置の中はこんな空間になっています。

物置

物置なのに、私の部屋よりイイって?
・・・まあ、イイじゃないですか(笑)

 

さて、廊下に出ます。

吹き抜けがダイニングに繋がっています。

下を見下ろしてみますと・・・

吹き抜け
ここからお孫さんが、

「おばあちゃーん!」

なんて、微笑ましいシーンが生まれるのですよね。 あー、楽しい。

 

2階には個室が3室あります。
それと、バルコニー・テラスもあります。

バルコニー/テラス

このテラスは設計計画提案時には下屋全体に広がるサイズで取っていましたが、
1階に大空間のテラスを 設置しましたのでこのサイズに収まりました。

ここにリクライニングチェアを置いて、公園を見ながらのんびりティータイム。
なんてあなた、気持ちいいと思いませんか?

最後に寝室を少し。

寝室

これは定番になりました片引きの木製窓。
ここから見える景色もまた気持ちよいですよ。

位置も丁度ベッドに寝転んで見れる高さになっています。

 

寝室に付随するWICもあります。

WIC

反対側の洋服掛けやタンス収納は映っていませんが、まあここにはゆったりと物が沢山入ります。

以上でこのお住まいの御紹介は終了します。
まだまだ紹介しきれない部分はあるのですが、これ位ということで。

 

 

次回は、”居酒屋ダイニングの家”の御紹介をさせていただきます。

 

浅野勝義/奈の町

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です